CASESTUDY
ケーススタディ  食品卸売会社のケース
食品卸売会社のケース
依頼内容社内のレギュレーションを大きく変えず
ポイント利用キャンペーンを促進したい。
  • 運営中のクレジットカードのサービスに、毎年1度のポイント失効タイミングがあり、その前後の利用状況に課題を抱えていた。ポイント失効により、翌年の利用を止めるケースを減らすために、失効前にポイントを有効利用してもらうキャンペーンを実施した。
  • 企業データ 創業約100年、食品酒類の卸売を主要事業とする商社。
    事業内容=食品卸売事業/従業員数=約1000名
ネオマーケティングのこの一手! ネオマーケティングのこの一手!
K・K<br>
one(グループ会社)
営業G
K・K

キャンペーン実施に必要な
一切の「めんどくさい」を代行

クレジットカードのポイント失効時期に合わせて販売促進のため、物品購入時に通常送付している郵送物の裏面に宝くじを印刷し発送するキャンペーンを行った。当否の確認はインターネット上で簡単にできるWebシステムをご提案し、キャンペーン中はネオマーケティングが問い合わせメールなどの事務局代行を全て担うことで、クライアント側での作業負担を一切増やすこと無く実現に至った。
キャンペーン開始後は好調を維持し、くじを増刷しての対応となった。また、このキャンペーン成功を受けて翌年のキャンペーン実施も決定した。

その手があったか!
①事務局代行によりクライアントの負担を軽減
②Webを使った宝くじシステムのご提案
K・K<br>
one(グループ会社)
営業G
K・K
ネオマーケティングの手法
①事務局業務、コールセンター代行
当選連絡メールの送付や、問い合わせ対応などを代行。自社でコールセンターを持つネオマーケティングの強みを活かしたキャンペーン展開をご提案します。
②事例に合わせたWebシステムのご提案
キャンペーンの特設ページや、キャンペーン用のWebシステムなど、事例に併せて必要なWebページを低予算でご提案し、公開後の運用も代行します。