CASESTUDY
ケーススタディ  テレビ局のケース
テレビ局のケース
依頼内容高度な視聴データを分析し
番組の視聴を中止した層に追調査して
視聴の途中離脱を防ぎたい。
  • テレビ番組放送に先駆けて流される予告動画の放送の影響で、視聴を途中で取りやめる、いわゆる離脱率が上がっていないかどうかを調べたい。調査結果を元に予告動画の長さや構成を調整することで、果たして離脱率は下げられるのか。
  • 企業データ テレビ局のドキュメンタリー制作部門。
    事業内容=放送事業/従業員数=不明
ネオマーケティングのこの一手! ネオマーケティングのこの一手!
竹内信悟<br>
データニュース(グループ会社)
代表取締役
竹内信悟

テレビウォッチャーにしかない
ビッグデータを使いピンポイントの
グループインタビューを実施

データニュース株式会社では、毎日六千人(地上波、衛星放送)にアンケートを取り、データを解析し発信しているテレビウォッチャーというインターネットメディアを運営している。アンケートには接触数、録画数、視聴満足度、番組の感想などが盛り込まれ、さらに視聴者のデータとして年齢、性別、世帯年収、家族構成等のデータも蓄積している。
従来型の視聴アンケートでは、パネルに視聴依頼をした上での調査になるが、テレビウォッチャーの調査は、その全てが自然接触という点にも特徴がある。その貴重なデータを活かした細かな分析が番組制作の現場等で大いに活用されている。
このケースでは予告動画の放送による影響を調べるため、番組途中で離脱した視聴者にリクルーティングし、グループインタビューを行った。その後調査結果をうけて、改善策を盛り込んだ改訂版と従来版で、再度ABテストを経て、離脱率低下に役立てた。
また、グループインタビューの模様を制作スタッフが別室からモニタリングし、その場で出た生の声もその後の番組制作に活用された。

その手があったか!
①毎日六千人から集める視聴データ
②アンケート型にしかできない高度なデータ
③セグメントされた視聴者の生の意見
竹内信悟<br>
データニュース(グループ会社)
代表取締役
竹内信悟
ネオマーケティングの手法
①視聴後に毎日集めるアンケートデータ
パネルに視聴依頼をした上での調査ではなく、その全てが自然接触である点と、視聴後に鮮度が高い状態の感想を得ている点に特長がある、ビッグデータ。
②今までに無かった詳細なデータ
年齢、性別、世帯年収、家族構成等や、細かな感想等のデータなど、蓄積データの豊富さは他に類を見ない。また、視聴環境を問わず回収しているので、パソコンでの視聴、携帯電話での視聴、 タブレット端末での視聴も含まれるデータである。
③セグメント化、分析することで見える実態
この調査ならではの詳細なデータをさらにセグメントし、分析することができる。セグメントの基準も豊富で、ピンポイントでのインタビューを可能にする。