INVESTIGATION独自調査レポート
独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート
PRESS RELEASE
2017-07-26水曜日リリースデータ
株式会社ネオマーケティング

自己肯定感に関する調査

その他

立教大学経営学部の学生が気になることを大調査!!
全国の20歳以上の男女1000人に聞いた

「自己肯定感に関する調査」

自己肯定感 最も高いのは60代!64.5%に対し20代は36.5%
【外見】は62.1%、【人間関係】は59.9%が周りと自分を比べることが判明


立教大学経営学部の春学期科目「eビジネス&マーケティング」(担当:大嶋淳俊先生)を受講した学生と総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回2017年7月6日(木)~2017年7月8日(土)の3日間、全国の20歳以上の男女1000人を対象に「自己肯定感」をテーマにしたインターネットリサーチを共同で実施いたしました。報道の一資料として、ぜひご活用ください。

調査概要

  1. 調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
  2. 調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、全国20歳以上の男女を対象に実施
  3. 有効回答数:1000名(20代・30代・40代・50代・60代以上の男女:各100名)
  4. 調査実施日:2017年7月6日(木)~2017年7月8日(土)
  5. 調査立案者: 立教大学経営学部国際経営学科3年次1名

「自己肯定感に関する調査」学生からの感想

誰しも、自分と他人を比べたり、羨んだり、そんな感情を持った経験があると思います。
しばしばその感情は、悪いものだ、恥ずかしいものだと思われがちです。そのように考えているからダメなんだ、と思考が悪循環に陥ってしまうこともあるのではないでしょうか。
ですが、そのように羨んでしまう相手も、実は他の誰かを羨んでいるのではないかと思うのです。
もしかしたら、誰かを羨んでいる自分自身が、他の誰かから羨ましいと思われていることもあるかもしれません。
この調査内容を見て、同じように悩んだことがある皆さんが、「この感情は悪いものではなく、誰もが持っているものなんだ」と感じ、自分を認められる第一歩になるようなものを作れたらと思い、今回の企画を考えるに至りました。
結果を見て、自分と同じ20代女性が他の世代・性別と比べて一番自己肯定感が低いことに大変驚きました。だからこのような企画を考え付いたのか、と納得してしまいました。また、年齢が上がっていくにつれ自己肯定感が増すということを知り、いま自分自身を認められなくても、様々な経験を積みながらゆっくり認められるようになっていけばいいんだ、と思えるようになりました。
最後にはなりますが、このアンケートに協力してくださった方々、私の考えを汲んでアンケートを作成してくださったネオマーケティング社の皆様、このような機会を用意してくださった大嶋先生に心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

リリース・ローデータ・GT表は、下記より無料でダウンロードいただけます!(一部の調査を除く)

リリース・ローデータ・GT表をダウンロードリストに追加ダウンロード済
関連する独自調査レポート
就職に関する調査
ネオマーケティングへのお問い合わせ

ご相談やお見積もり、資料請求はお電話かフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

03-6328-2881

お問い合わせフォーム