INVESTIGATION独自調査レポート
独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート
PRESS RELEASE
2017-04-19水曜日リリース
株式会社ネオマーケティング

日本ブランド家電vs海外ブランド家電に関する調査

住まい・暮らし

1都3県の20歳~59歳の男女1000人に聞いた

「日本ブランド家電vs海外ブランド家電に関する調査」

やっぱり日本が好き!?
「日本ブランド家電」と「海外ブランド家電」で好意度を徹底調査
日本ブランド人気が鮮明に!!


総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回2017年3月17日(金)~3月21日(火)の5日間、1都3県の20歳~59歳の男女1000人を対象に「日本ブランド家電と海外ブランド家電の好意度比較」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

調査概要

  1. 調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
  2. 調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)の20歳~59歳の男女を対象に実施
  3. 有効回答数:1000名(20代・30代・40代・50代・60代の男女:各100名)
  4. 調査実施日:2017年3月17日(金)~2017年3月21日(火)

「日本ブランド家電vs海外ブランド家電調査」主な質問と回答

◆日本と海外ブランドのどちらの製品が好き?

家電の分野別に聞いた結果、「日本ブランドの製品が好き」は、「洗濯機」と「テレビ」が最多。「海外ブランドの製品が好き」は、「掃除機」が最多となった。

◆好きな日本ブランド家電のイメージは?

「洗濯機」のイメージは「信頼できる」が44.1%で最多。
「テレビ」のイメージも「信頼できる」が37.6%で最多となった。

◆好きな海外ブランド家電のイメージは?

「掃除機」のイメージは「機能・性能が良い」が50.5%で最多で、2番目に多い項目は「デザインがおしゃれ」の26.5%であった。

◆好きな日本の家電ブランド名は?

自由回答をまとめた結果、「Panasonic/パナソニック」が46.4%で最も多くなった。2番目は「SONY/ソニー」の13.4%。

◆好きな海外の家電ブランド名は?

自由回答をまとめた結果、「dyson/ダイソン」が26.3%と最多であった。2番目は「apple/アップル」の9.9%という結果。

Q1. 以下の「家電製品」それぞれについて、日本ブランドと海外ブランドのどちらの製品が好きですか。(単数回答)【n=1000】

20170419_001
全ての家電製品で「日本ブランドの家電が好き」が80%以上となりました。その中でも、「海外ブランドの製品が好き」と回答した方の多い家電製品は「掃除機」で17.0%となっています。続いて「電気ケトル/ポット」が16.9%、「電動歯ブラシ」が15.0%の順となりました。

◆日本ブランドは「信頼・安心・安全・耐久性」への支持が高い一方、
海外ブランドは「機能・性能・デザインがおしゃれ」で高評価!
日本ブランドへの好意度が高い結果となりました。特に1950年代後半に“三種の神器”として喧伝された「洗濯機」「テレビ」は時代の移り変わりと共に形状や性能が変わっても、日本ブランドの支持が高いようです。また、海外ブランドでは、「掃除機」「電気ケトル/ポット」の好意度が高くなっており、技術革新による話題への関心度の高さがあるからではないでしょうか。

Q2. あなたが好きだと思う「日本ブランドの家電」にあてはまるイメージをすべてお答えください。(複数回答)

20170419_001
Q1.で「日本ブランド家電が好き」のTOP2となった「洗濯機」と「テレビ」について、あてはまるイメージをお聞きしました。その結果TOP5はそれぞれ上記のようになりました。
毎日繰り返し使用する「洗濯機」「テレビ」では、日本ブランドの「安心・安全」、「壊れにくい」などの信頼感が評価されているようです。

Q1.で「日本ブランド家電が好き」のTOP2となった「洗濯機」と「テレビ」について、あてはまるイメージをお聞きしました。その結果TOP5はそれぞれ上記のようになりました。

Q3. あなたが好きだと思う「海外ブランドの家電」にあてはまるイメージをすべてお答えください。(複数回答))

20170419_001
Q1.で「海外ブランド家電が好き」のTOP2となった「掃除機」と「電気ケトル/ポット」について、あてはまるイメージをお聞きしました。その結果TOP5はそれぞれ上記のようになりました。

◆好きな日本ブランドTOP3は「Panasonic/パナソニック」(46.4%)、「SONY/ソニー」(13.4%)、「SHARP/シャープ」(9.6%)。
◆好きな海外ブランドは「dyson/ダイソン」が26.3%と圧倒的! 2位の「apple/アップル」は9.9%と2.5倍以上の差が。

毎日繰り返し使用する「洗濯機」「テレビ」では、日本ブランドの「安心・安全」、「壊れにくい」などの信頼感が評価されているようです。
また、様々な先端技術が続々登場している「掃除機」「電気ケトル/ポット」では、海外ブランドの「機能・性能が良い」や「デザインがおしゃれ」に関心が集まっているようです。「掃除機」はインテリアの1つになりつつあるのかもしれません。

Q4. あなたが、最も好きな日本の家電製品ブランド名と海外製品ブランド名をそれぞれ1つずつお答えください。(自由回答)

20170419_001
「Panasonic/パナソニック」については、半数近くの人が“最も好き”なブランドと回答しました。
3位の「SHARP/シャープ」は鴻海精密工業による買収後も「日本のブランド」として人気は健在のようです。

テレビCMなどで掃除機やヘアドライヤーを目にする機会が多い「dyson/ダイソン」については、代表的な製品が思い浮かびやすく、注目が集まっているのかもしれません。
2位にあがっている「apple/アップル」は、パソコンやiPhoneなどの情報家電がとても身近な存在となっているのでしょうか。

◆家電量販店の店頭での、お試し家電ベスト3は、パソコンが18.4%、掃除機が16.8%、扇風機が15.2%。

Q5. 家電量販店の店頭で試用(店頭でのお試し)したことのある「家電製品」をお答えください。
またその中から試用後、購入した「家電製品」をお答えください。(複数回答)

20170419_001
店頭でお試しする家電として、「掃除機」「扇風機」「テレビ」など、斬新な機能や性能が話題となっている家電が上位にあがっています。
デザインなど見た目の「新奇性」もお試しを刺激しているかもしれません。

◆「国内旅行」好きが74.0%、「洋室」好きが63.1%、「ベッド」好きが62.4%、「和食」好きが67.0%。

Q6. あなたが好きなのはどちらですか。(単数回答)

20170419_001
今回の調査から“日本ブランドの家電が好き!”が浮き彫りとなりました。そこで、生活様式についてお聞きしたところ、旅行と食事については海外旅行より国内旅行が、洋食より和食が好きな結果となりました。
生活様式としては「洋室」で「ベッド」が主流となっており、今後益々、洋室・ベッドにマッチした海外ブランド家電が増えていくのかもしれません。

リリース・ローデータ・GT表は、下記より無料でダウンロードいただけます!(一部の調査を除く)

リリース・ローデータ・GT表をダウンロードリストに追加ダウンロード済
関連するサービス
ブランドイメージ調査
関連する独自調査レポート
共働き夫婦の新三種の神器 家電に関する調査 カメラに関する調査 電力自由化に関する調査 寒さ対策に関する調査 エアコンと冬の風邪対策調査
ネオマーケティングへのお問い合わせ

ご相談やお見積もり、資料請求はお電話かフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

03-6328-2881

お問い合わせフォーム