INVESTIGATION独自調査レポート
独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート
PRESS RELEASE
2016-12-21 水曜日
株式会社ネオマーケティング

電子書籍に関する調査

直近1年以内に電子書籍を読んだ全国の20歳~49歳の男女600人に聞いた

「電子書籍に関する調査」

1年前と比較し電子書籍の読書量「増えた」59.7%。一方、紙書籍は頻度変わらず。前年より電子書籍に費用をかける人増加!


総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回2016年12月9日(金)~2016年12月12日(月)の4日間、直近1年以内に電子書籍を読んだ全国の20歳~49歳の男女600人を対象に「電子書籍」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

調査背景

テレビCMなどですっかりおなじみとなった「電子書籍」。2015年1月にもネオマーケティングは「電子書籍」に関する調査を行ないました。1年前と比較し、電子書籍の利用者はどのように変化したのでしょうか。そこで今回、「よく読むジャンル」や「電子書籍のサイトやアプリを知ったきっかけ」など「電子書籍」に関する調査を行ないました。報道の一資料として、ぜひご活用ください。

調査概要

  1. 調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
  2. 調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、直近1年以内に電子書籍を読んだ全国の20歳~ 49歳を対象に実施
  3. 有効回答数:600名(20代~40代 の男女:各100名)
  4. 調査実施日:2016年12月9日(金)~2016年12月12日(月)

「電子書籍に関する調査」主な質問と回答と一部抜粋

◆どの端末を使用して電子書籍を読む?

最も多い回答は「スマートフォン」となり61.3%が回答。
男性は「パソコン」58.3%が最多。女性は「スマートフォン」65.0%が最多。

◆電子書籍でよく読むジャンルは?

全体で最も多い回答は昨年に続き「少年漫画」51.0%。
「少女漫画」、「青年漫画」、「雑誌」などは2015年よりポイントアップ。
男性は「青年漫画」や「雑誌」が前年より大きくアップ。女性は男性と比較し大きな変化なし。

◆1年前と比較し、電子書籍、紙書籍の読書量はどの程度変化した?

前年は1年前より
「とても増えた」と17.2%が回答し、今年は25.8%と増加する結果に。
「増えた計」は、前年は51.0%に対し、今年は59.7%。

◆あなたが1ヶ月に電子書籍(漫画、雑誌を含む)の購入にかける費用をお答えください。

20170419_001

ダウンロードリストに追加ダウンロード済
関連する独自調査レポート
電子書籍に関する調査
ネオマーケティングへのお問い合わせ

ご相談やお見積もり、資料請求はお電話かフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

03-6328-2881

お問い合わせフォーム