INVESTIGATION独自調査レポート
独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート
PRESS RELEASE
2016-10-26 水曜日
株式会社ネオマーケティング

インターネットに関する調査

立教大学経営学部の学生が気になることを大調査!!インターネットを利用している全国の18歳以上の男女1000人に聞いた

「インターネットに関する調査」

「テレビを観ながら」「音楽を聴きながら」「食事をしながら」ネットを使用。約4割がインターネットから離れたいと思うことがあると回答


立教大学の経営学部春学期科目「eビジネス&マーケティング」(担当:大嶋淳俊 先生)を受講した学生と総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)は、今回2016年8月5日(金)~2016年8月8日(月)の3日間、全国の18歳以上の男女1000人を対象に「インターネット」をテーマにしたインターネットリサーチを共同で実施いたしました。なお、このテーマは、講義内容との関連で学生が興味のあることについて募集を行ない、選定したものです。

調査背景

インターネットにどっぷりと浸る若者世代は、「ネット依存」や「スマホ中毒」、「歩きスマホ」など様々な形でメディアに紹介されています。わずかな暇があればインターネットを利用するのが当たり前となっている若者は多く、“ネットが大好きな世代”だと思われがちですが、はたして本当にそうでしょうか?そこで今回は、全国の 18 歳以上の男女 1000 人を対象に「インターネットの 1 日の利用時間」や「インターネットの中で距離をおきたいもの」など、「インターネット事情」に関する調査を行ないました。報道の一資料として、ぜひご活用ください。

調査概要

  1. 調査の方法:株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
  2. 調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、インターネットを利用している全国の18歳以上の男女を対象に実施
  3. 有効回答数:1000名(20代以下、30代、40代、50代、60代以上の男女:各100名)
  4. 調査実施日:2016年8月5日(金)~2016年8月8日(月)
  5. 調査立案者:立教大学経営学部国際経営学科4年次1名

【「インターネットに関する調査」学生からの感想】

今回、この「インターネットに関する調査」に関わらせて頂き、ありがとうございました。
調査をするにあたり、そもそも私が仮説としていたのは、「今の若者はインターネットから離れたがっているのではないか?」という疑問でした。その疑問は実感に基づくもので、飲み会中にスマートフォンをかばんにしまう人や、勉強中にスマートフォンの電源を切る人、さらにはキャリアとの契約を解約し、wi-fiのある場所でのみ携帯を使う友人らが周囲に現れたからです。

実際に調査をしてみて、この仮説を確かめることができました。インターネットから離れたいと思う20代以下は約8割、その中でも意識的に対策をしている人が約7割存在するという結果は、想像していたよりも高い数値でとても驚きました。多くの若者がインターネットを長時間利用しながらも、どこかで危機意識を感じているのではないでしょうか。

加えて調査結果によると、ほとんどの若者が何かをしながらインターネットをするということが分かりました。「SNSをどんな時もチェックしなければいけない。」という要因が第一に考えられますが、その他にも「テレビとインターネットをしながら重複させることによって、無駄な時間を減らしたい。」という心理があるのではないかと思います。インターネットから離れたいという僕たち若者の抱えるモヤモヤが、これから先どのような形で消化されていくのかとても興味深いです。

Q1. あなたが、1日にインターネットを利用する時間をお答えください。(単数回答)【n=1000】

20170419_001
1日にインターネットを利用する時間についてお聞きしたところ、全体で最も多い回答は「1~2時間未満」26.5%となりました。「5時間以上」と回答した方を年代別で比較をしてみると、最も多く回答したのは20代以下で20.5%、対して40代が最も少なく9.5%となりました。
【学生コメント】
想像していたよりも世代差がありませんでした。考えられる理由としては、自由な時間はあるがデバイスを学校で使用できない学生と、自由な時間は少ないが食事や通勤中の「ながら」インターネットが可能な社会人とで、利用時間の差が生まれにくくなっているのではと思いました。

Q2. インターネットの利用目的ごとの1日の利用時間をお答えください。(単数回答)【n=1000】

20170419_001
インターネットの利用目的ごとの1日の利用時間をお聞きしたところ、「60分以上」と回答した方が最も多い項目は「検索やニュースの閲覧など情報収集」、次いで「動画サイトの閲覧」となりました。
性年代別で比較したところ、検索やニュースの閲覧など情報収集について「10分未満」と回答した方は20代以下の男性が最も低く12.0%、20代以下の女性が最も高く38.0%となりました。
【学生コメント】
動画サイトの閲覧時間では性別・年齢層によって大きな差が出ています。基本的に女性よりも男性が、高年齢層より低年齢層が動画サイトの閲覧時間が長い傾向にありました。デジタルネイティブである若い世代が同世代に向けて動画コンテンツを公開しているのが一因ではないかと予想します。

Q3. あなたは、何をしながらインターネットを利用しますか。(複数回答)【n=1000】

20170419_001
何をしながらインターネットを利用するかをお聞きしたところ、全体で最も多い回答は「テレビを観ている時」となり、60.9%の方が回答しました。年代別で比較すると、「音楽を聴いている時」と回答した方は他年代と比べ20代以下が最も多く35.5%、「何かをしながらインターネットを利用することはない」と回答した方は60代が最も多く38.5%となりました。
【学生コメント】
テレビを見ながらインターネットを利用する方はとても高い割合で浸透しているようです。最近では各局でSNSや特設サイトと連動した番組を放送しており、インターネットがテレビに大きな影響を与えていることが分かる結果なのではないでしょうか。一方、ネットで盛り上がるためにテレビを見る、というながらインターネットの形もあるのではと感じました。

Q4. あなたはインターネットから離れたいと思うことがありますか。(単数回答)【n=1000】

20170419_001
インターネットから離れたいと思うことがあるかをお聞きしたところ、インターネットから離れたいと回答した方(よく離れたいと思うことがある6.1%+たまに離れたいと思うことがある36.6%)は全体で合計42.7%となりました。年代別でみると離れたいと回答した方が最も多かったのは30代で合計47.5%、次いで50代が合計45.0%となりました。
【学生コメント】
各世代4割の人がインターネットから離れたいと思っていると分かり驚きました。私の周囲にも勉強時にスマートフォンを機内モードにする友人が多数おり、人とインターネットのうまい付き合い方を多くの人が求めている時代であると感じます。

ダウンロードリストに追加ダウンロード済
関連する独自調査レポート
オムニチャネルに関する調査 キュレーションサイトに関する調査 ECサイトに関する調査
ネオマーケティングへのお問い合わせ

ご相談やお見積もり、資料請求はお電話かフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

03-6328-2881

お問い合わせフォーム