INVESTIGATION独自調査レポート
独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート
PRESS RELEASE
2016-03-16 水曜日
株式会社ネオマーケティング

シニアの介護に関する調査

全国の60歳以上の男女1000人に聞いた

「シニアの介護に関する調査」

老老介護の実態!シニアの22.6%が「現在も介護をしている」8割が認知症予防を行なっている。介護施設へ入居する場合の不安事「スタッフの対応」68.6%


総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なってお ります。今回2016年2月25日(木)~2016年2月26日(金)の2日間に、全国の60歳以上の男女1000人を対象に「介護」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

調査背景

2015年4月に介護保険制度が改正されたことや、介護施設・介護サービスの増加など、超高齢社会に対応すべく介護における環境や制度が変化しています。シニアの方は自身の介護についてどのような希望があり、どのような不安を抱いているのでしょうか。そこで今回は全国の60歳以上の男女を対象に「介護経験」や「介護施設へ入居する場合の不安事」など「シニアの介護」に関する調査を行ないました。報道の一資料として、ぜひご活用ください。

調査概要

  1. 調査の方法:株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
  2. 調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、全国の60歳以上の男女
  3. 有効回答数:1000名
  4. 調査実施日:2016年2月25日(木)~2016年2月26日(金)

「シニアの介護に関する調査」主な質問と回答

◆直近で介護をしていた時期

「現在も介護をしている」22.6%と2割以上が現在「老老介護」をしている。
年代別は60代24.7%、70代以上15.1%

◆介護施設へ入居することへの不安事

全体で最も多い回答は「スタッフの対応」67.2%、次いで
「他の住人との人間関係」54.8%となった。

◆あなたが、認知症予防を始めた理由を教えてください。

全体で68.6%の方が「TV番組で認知症について取り上げられているのを観て」認知症予防を始めた。

20170419_001

Q1. あなたが、直近で介護をしていた時期をお答えください。(単数回答)【n=332】

20170419_001
社会の高齢化や核家族化が進み、高齢者が高齢者を介護する「老老介護」が増えてきています。そこで介護をした経験がある方に直近で介護をしていた時期をお聞きしたところ、全体で22.6%の方が「現在も介護をしている」ことがわかりました。現在も介護をしている方を年代別でみると60代24.7%、70代以上15.1%という結果となりました。

Q2. あなたが、介護をしていた(している)時に大変だったことをお答えください。(複数回答)【n=332】

20170419_001
介護をしたことがある方に介護をしていた(している)時に大変だったことをお聞きしたところ、全体で第1位は「自分の時間がなくなる」54.8%、次いで「終わりが見えない」43.7%、「わがままが多い」35.2%となりました。男女別でみると「体力がついていかない」と答えた方は男性17.7%、女性33.0%と女性が15.3ポイント多く、「わがままが多い」と答えた方は男性30.5%、女性45.3%と女性の方が14.8ポイント多い結果となりました。

Q3. あなたは、自分に介護が必要になった時にどこで過ごしたいですか。(複数回答) 【n=1000】

20170419_001
自分に介護が必要になった時にどこで過ごしたいかをお聞きすると、全体で62.6%の方が「自宅」と答え、「介護施設・老人ホーム」33.2%に29.4ポイント差をつける結果となりました。男女別で比較すると「シニア向けマンション」と答えた方は男性9.9%、女性19.9%と女性の方が「シニア向けマンション」で過ごしたい意向が強いことがわかりました。

Q4. もし、自分に介護が必要になった場合、誰に介護されたいですか。(複数回答)【n=1000】

20170419_001
自分に介護が必要になった場合、誰に介護されたいかをお聞きしたところ、全体で51.7%が「配偶者」と回答しました。次いで「ヘルパー・介護施設の方」が35.8%、「自分の子供」16.6%となりました。
介護経験の有無で比較すると、「配偶者」と回答した方は、介護経験有40.4%、介護経験無57.3%と介護経験の無い方が多く、「ヘルパー・介護施設の方」と回答した方は介護経験有42.8%、介護経験無32.3%と介護経験が有る方が多い結果となりました。介護を経験して大変さがわかっているため、プロの方に任せたいと感じている方が多いのでしょうか。

Q5. あなたが介護について話をしている相手をお答えください。(複数回答)【n=1000】

20170419_001
介護について話をしている相手をお聞きしたところ、全体で最も多い回答は「自分の子供」18.8%でした。次いで「友人・知人」10.4%、「自分の兄弟」7.8%でした。介護経験の有無で比較すると、「介護について話していない」と答えた方は介護経験有48.2%、介護経験無72.8%と24.6ポイント差がつきました。介護経験のある方はご自身の経験から、介護について事前に話をしている方が多いのかもしれません。

Q6. あなたが、「認知症予防のために」行なっていることをお答えください。(複数回答)【n=1000】

20170419_001
認知症予防のために行なっていることをお聞きしたところ、全体で最も多かった回答は「適度な運動をする」59.5%でした。次いで「食生活に気をつける」57.3%、「外出をする」50.7%となりました。全体で認知症予防のために「行なっていることはない」と回答された方は20.0%となり、全体で8割の方が何らかの認知症予防を行なっていることがわかりました。男女別で比較すると認知症予防のために「行なっていることはない」と答えた方は男性22.4%、女性11.9%と男性の方が高く、認知症予防のために行なっていることの全ての項目で女性の方が高い結果となりました。男性よりも女性の方が認知症予防に関心があるのかも知れません。

Q7. あなたが、認知症予防を始めた理由をお答えください。(複数回答)【n=800】

20170419_001
認知症予防を行なっている方に認知症予防を始めた理由をお聞きしたところ、「TV番組で認知症について取り上げられているのを観て」と答えた方が全体で68.6%と第2位の「本や雑誌で認知症について取り上げられているのを読んで」25.0%に43.6ポイント差とTV番組の影響で認知症予防を始めた方が圧倒的に多いことがわかりました。性別で比較すると「家族からすすめられた」と答えた男性は13.8%、女性は8.0%とご家族からのすすめをきっかけに始められた方は男性の方が多い結果となりました。

Q8. 介護を受けることを想像した場合の不安事であてはまるものをお答えください。(複数回答)【n=1000】

20170419_001
介護を受けることを想像した場合の不安事をお聞きしたところ、「お金がかかりそう」が最も高く全体で75.0%、次いで「身内に迷惑をかけてしまいそう」64.3%、「介護施設が不足していそう」38.3%となりました。男女別でみても「お金がかかりそう」と答えた方は、男性73.6%、女性79.6%と最も多い結果となりました。2015年より介護保険制度が改正され、利用負担額が変更になったことなどもあって、自分が介護を受ける際にお金に関する不安を覚える方が多いのかもしれません。

Q9. 介護施設へ入居することを想像した場合の不安事をお答えください。(複数回答)【n=1000】

20170419_001
介護施設での問題がニュースで取り上げられることがありますが、シニアの方は介護施設への入居に対してどのようなことを不安に感じているのでしょうか。介護施設へ入居することを想像した場合の不安事をお聞きしたところ、全体で第1位は「スタッフの対応」67.2%、次いで「他の住人との人間関係」54.8%、「慣れない環境による体調の変化」46.1%となりました。男女別でみると、全ての項目で女性の方が高い結果となりました。男性より女性の方が介護施設への不安を感じているようです。

Q10. 介護に関してあったら嬉しいと思うサービスをお答えください。(自由回答)【n=488】

20170419_001
介護に関してあったら嬉しいと思うサービスをお聞きしたところ、ペットや動物との触れ合い、子供とのコミュニケーションを求めている方が多いことがわかりました。麻雀や家庭菜園など趣味の時間を過ごせる、共有できる環境を求めている方の回答も多い結果となりました。

ダウンロードリストに追加ダウンロード済
関連する独自調査レポート
ヤングとシニアの老後感に関する調査 シニアの仕事に関する調査 シニアの相続に関する調査
ネオマーケティングへのお問い合わせ

ご相談やお見積もり、資料請求はお電話かフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

03-6328-2881

お問い合わせフォーム