INVESTIGATION独自調査レポート
独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート
PRESS RELEASE
2016-01-13 水曜日
株式会社ネオマーケティング

シニアの相続に関する調査

全国の60歳以上の男女1000名に聞いた

「シニアの相続に関する調査」

7.2%のみが「相続できる財産の種類と金額を伝えている」と回答。相続の対策をしていないシニアが合計81.9%!「家族との話し合い」「エンディングノートの作成」「遺言書の作成」を検討


総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なってお ります。今回2015年12月25日(金)~2015年12月31日(木)の7日間に、全国の60歳以上の男女1000人を対象に「相続」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

調査背景

未成年を対象とした「ジュニアNISA」が2016年からスタートすることで、高齢層から若年層への資産の移転が注目されています。相続のひとつの方法として考えているシニアの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は全国の60歳以上の方を対象に「相続の経験」や「相続に関して対策をしているか」など「相続」に関する調査を行ないました。報道の一資料として、ぜひご活用ください。

調査概要

  1. 調査の方法:株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
  2. 調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、全国の60歳以上の男女
  3. 有効回答数:1000名
  4. 調査実施日:2015年12月25日(金)~2015年12月31日(木)

「シニアの相続に関する調査」 主な質問と回答

◆相続に関する経験は?

「相続人(財産を受け取った)の経験がある」47.6%、
「被相続人(財産を送った)の経験がある」1.8%、
「相続人・被相続人のどちらの経験もない」51.9%

◆相続できる財産について受け取る相手にその種類や金額を伝えている?

「相続できる財産の種類と金額を伝えている」と回答した方はわずか7.2%
「相続できる財産について伝えていない」と回答した方が約8割。

◆あなたが、相続に関して検討していることをお答えください。
またその中で、すでに実行していることをお答えください。

20170419_001

Q1. あなたの、相続に関する経験についてお答えください。(複数回答)【n=1000】
※ここでいう相続とは財産を送る側が亡くなった際に発生する遺贈以外にも、事前に相続する生前贈与などを含めたものになります。

20170419_001
相続に関する経験をお聞きしたところ、全体では財産を受け取る相続人の経験があると回答した方が47.6%、財産を送った被相続人の経験があると回答した方が1.8%、どちらの経験もない方が51.9%という結果となりました。約半数に相続の経験があることがわかります。また、性別で見ても大きな違いはありませんでした。

Q2. あなたは、相続できる財産について受け取る相手にその種類や金額を伝えていますか。(単数回答)【n=1000】

20170419_001
相続できる財産を受け取る相手に伝えているかをお聞きしたところ、「相続できる財産について伝えていない」と回答した方が最も多く79.9%となりました。「相続できる財産の種類と金額を伝えている」と回答した方は7.2%と少ない結果になっています。

Q3. あなたは、相続(財産を送ること)に関して何か対策をしていますか。(単数回答)【n=1000】

20170419_001
相続に関しての対策について、全体で23.1%が「対策をしようと思っているが、まだできていない」、58.8%の方が「対策をしていない」と回答しました。合計81.9%が対策できていないようです。しかし、前問で相続人・被相続人のいずれかの経験がある方を「相続経験がある」、相続人・被相続人のいずれの経験もない方を「相続経験がない」として比較をしてみると、相続経験がある方は合計70.3%、相続経験がない方は合計92.7%が対策をしていないことがわかりました。やはり、相続の経験があると、相続の対策をしているという方が多いようです。

Q4. 相続(財産を送ること)に関して対策ができていない、していないとお答えの方にお伺いします。あなたが、ご自身の財産の相続に関して対策をした方が良いと思うことをお答えください。(複数回答)【n=819】

20170419_001
相続に関して対策ができていない、していないと回答した方に対し、対策をした方が良いと思うことをお聞きしました。全体で「必要と感じる対策はない」と回答した方が53.7%で最も多いものの、対策の中では「家族で話し合う」が23.7%で最も多い結果となりました。また、相続経験のない方は「必要と感じる対策はない」と回答した方が65.1%と、相続経験のある方の37.6%に対し27.5ポイント高い結果となっています。

Q5. あなたが、相続に関して検討していることをお答えください。また、すでに実行していることをお答えください。(複数回答)【n=181】

20170419_001
相続に関して「できる対策は全てしている」、「対策をしていることもある」と回答した181人に対し、検討していることと、すでに実行していることをお聞きしました。検討していることで最も多い回答は「家族との話し合い」で31.5%、実行していることで最も多い回答は「生命保険への加入」で29.8%となりました。

Q6. 前問で、実行しているとお答えした対策を始めた時のあなたの年齢をお答えください。
(数値回答)

20170419_001
実行していると回答していた対策について、対策を始めた年齢をお聞きしたところ、「生命保険への加入」が平均年齢「49.22歳」で最も若い結果となりました。また、最も平均年齢が高い項目は「専門家への相談」で、平均年齢「63.68歳」となりました。

Q7. あなたが、将来財産を相続したいと思う続柄をお答えください。(複数回答)【n=1000】

20170419_001
将来財産を相続したいと思う続柄をお聞きしたところ、全体で最も多い回答は「子ども」となり63.9%が回答しました。相続経験の有無にかかわらず「子ども」が最も多く、次いで「配偶者」、「孫」という結果となっています。

Q8. あなたの、相続に対しての不安や心配事をお答えください。(複数回答)【n=1000】

20170419_001
相続に対しての不安や心配事をお聞きしたところ、「特に不安や心配事はない」と回答した方が61.1%で最も多い回答となりました。不安や心配ごとの中では「自分自身の相続に関する知識が不足していること」が14.9%で最も多い回答となっています。また、相続経験で比較をすると、相続経験のある方は不安や心配事はないと回答した方が多い結果となりました。

Q9. あなたが、相続に関して聞いたことがある項目をお答えください。また、聞いたことがある項目の中で制度の詳細まで知っているものをお答えください。(複数回答)【n=1000】

20170419_001
相続に関して聞いたことがある項目、制度の詳細まで知っている項目をお聞きしました。聞いたことがある項目、詳細まで知っている項目ともに最も多い回答は「相続税」となりました。特に認知は97.8%と高い結果となっています。また2016年からスタートする「ジュニアNISA」の認知は約4割、詳細まで知っているという方は1割弱に留まりました。

ダウンロードリストに追加ダウンロード済
関連する独自調査レポート
シニアの趣味に関する調査 シニアの介護に関する調査 シニアの仕事に関する調査
ネオマーケティングへのお問い合わせ

ご相談やお見積もり、資料請求はお電話かフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

03-6328-2881

お問い合わせフォーム