INVESTIGATION独自調査レポート
独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート
PRESS RELEASE
2015-12-16 水曜日
株式会社ネオマーケティング

ゲン担ぎと東京オリンピックに関する調査

全国の20歳以上の男女1000人に聞いた

「ゲン担ぎと東京オリンピックに関する調査」

ルーティンを行なっていることを知っているアスリート。「五郎丸歩」選手が62.7%で第1位に。東京五輪のテーマソングを歌って欲しいアーティストは「サザンオールスターズ」


総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回12月7日(月)~2015年12月8日(火)の2日間に、全国の20歳以上の男女1000人を対象に「ゲン担ぎと東京オリンピック」をテーマにしたインターネットpを実施いたしました。

調査背景

受験シーズンも近づき、勉強だけではなく様々なゲン担ぎを行なう学生も多いのではないでしょうか。今年はラグビーワールドカップで大活躍し、「五郎丸ポーズ」で話題を集めた五郎丸歩選手のようにルーティンを取り入れる学生も増えるのかもしれません。そこで今回は全国の20歳以上の男女を対象に「ルーティンを行なっていることを知っているアスリート」や「東京オリンピックのテーマソングを歌って欲しいアーティスト」などの「ゲン担ぎと東京オリンピック」に関する調査を行ないました。報道の一資料として、ぜひご活用ください。

調査概要

  1. 調査の方法:株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
  2. 調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、全国の20歳以上の男女
  3. 有効回答数:1000名
  4. 調査実施日:2015年12月7日(月)~2015年12月8日(火)

「ゲン担ぎと東京オリンピックに関する調査」 主な質問と回答

「ゲン担ぎ」として、購入したことのある願掛けお菓子は?

最も多い回答は「キットカット」43.1%。
次いで「コアラのマーチ」が13.5%に。

◆ルーティンを行なっていることを知っているアスリートは?

ラグビー日本代表の「五郎丸歩」選手が
62.7%で第1位に。次いで「イチロー」選手50.1%。

◆東京オリンピックのテーマソングを歌って欲しいアーティストは?

「サザンオールスターズ」が第1位。第2位は「DREAMS COME TRUE」となった。

◆あなたが、東京オリンピックで実際に会場に行き、観戦したい競技をお答えください。

20170419_001

Q1. あなたは、これまでにゲン担ぎをしたことがありますか。(単数回答)【n=1000】

20170419_001
これまでにゲン担ぎをしたことがあるかをお聞きしたところ、全体では52.7%の方が「ゲン担ぎをしたことがある」と回答しました。性別で比較をしてみると、男性の方が女性よりも9ポイント高く、57.2%の方がゲン担ぎをしたことがあるようです。

Q2. あなたが、下記のゲン担ぎの行動で知っているものをお答えください。(複数回答)【n=1000】

20170419_001
知っているゲン担ぎについてお聞きしたところ、全体で最も多い回答は「靴を決まった足から履く」となりました。特に女性が男性より高く48.8%が回答しています。また、「靴を決まった足から履く」以外でも男性より女性が高い項目が複数出る結果となりました。前問で、女性より男性が多くゲン担ぎをしたことが「ある」ということがわかりましたが、知っているゲン担ぎは女性の方が多いようです。

Q3. あなたが、勝負事の前に「ゲン担ぎ」として、購入したことのある願掛けお菓子をお答えください。また、その中で誰かにあげたことがある願掛けお菓子をお答えください。(複数回答)【n=527】

20170419_001
2001年以降、受験シーズンになると願掛けお菓子が店頭に並ぶようになりました。そこで、ゲン担ぎをしたことがある方に、上記の願掛けお菓子を購入したことがあるかをお聞きしたところ、「購入したことのある願掛けお菓子はない」と答えた男性は59.4%、女性は39.8%となりました。男性より女性の方が願掛けお菓子を購入したことがあるようです。最も購入されているのは、「きっと勝つ」という語呂合わせで願掛けお菓子として売られている「キットカット」で全体の43.1%、コアラは「寝ている時も木から落ちない」ということから「コアラのマーチ」が13.5%と29.6ポイントの差をつけています。

20170419_001
購入したことがある願掛けお菓子の中で、誰かにあげたことがある願掛けお菓子をお聞きしたところ、全体で63.4%の方が「あげたことのある願掛けお菓子はない」と回答しています。特に男性は72.4%と高い結果となりました。Q1で「ゲン担ぎをしたことがある」女性は男性に比べ少ないという結果でしたが、前問では男性より「願掛けお菓子を購入したことがある」という結果となっています。女性は自分でゲン担ぎをするのではなく、誰かにあげるために願掛けお菓子を購入しているのかもしれません。

Q4. あなたが、勝負事の前に「ゲン担ぎ」として、食べたことがあるものをお答えください。
(複数回答)【n=527】

20170419_001
勝負事の前に「ゲン担ぎ」として、食べたことがあるものをお聞きしました。全体で最も多い回答は「とんかつ」となりました。“勝=カツ”というゲン担ぎで勝負事の前に食べることの多い「とんかつ」、そして「カツ丼」の人気が圧倒的となりました。わずかですが、とんかつは女性、カツ丼は男性からの支持を集めています。また、毎朝イチロー選手が食べていたことでも有名になった「カレー」は第3位にランクインしました。

Q5. あなたが、下記のアスリートの中でルーティンを行なっていることを知っている方をお答えください。(複数回答)【n=1000】

20170419_001
ルーティンを行なっていることを知っているアスリートをお聞きしたところ、最もルーティンが知られているアスリートは62.7%で「五郎丸歩」選手となりました。過去に毎朝欠かさずカレーを食べていたことや、現在でも、まず試合が終わるとグラブを油で磨くなど数多くのルーティンを行なっている「イチロー」選手に12.6ポイントの差をつけて1位となっています。

Q6. あなたが、東京オリンピックのテーマソングを歌って欲しいアーティストをお答えください。
(複数回答)【n=1000】

20170419_001
東京オリンピックのテーマソングを歌って欲しいアーティストについてお聞きしたところ、全体で「サザンオールスターズ」が27.7%で最も高い結果となりました。年代別で比較をしたところ、「サザンオールスターズ」に歌って欲しいと答えた方は50代が最も多く37.5%、次いで20代、27.5%となりました。第2位の「DREAMS COME TRUE」も同様に20代と50代からの支持が高く、「年代問わず幅広い層に人気のあるアーティスト」というのが東京オリンピックのテーマソングを歌うアーティストを決める際に、カギとなるのかもしれません。

Q7. あなたが、東京オリンピックで実際に会場に行き、観戦したい競技をお答えください。(複数回答)【n=1000】

20170419_001
東京オリンピックで実際に会場に行き、観戦したい競技をお聞きしました。全体で最も多い回答は「サッカー」で26.4%の方が回答しました。次いで「体操」23.9%、「野球」20.4%となっています。年代で比較をすると、20代~40代に関しては「サッカー」と回答した方が最も多く、50代以上は「体操」と回答した方が最も多い結果となりました。特に60代以上の約4割が回答しています。体操の男子団体はモントリオールまでは五輪5連覇をし、黄金期と呼ばれていました。その頃に体操を見ていた世代なのでしょうか。年代によって観戦したいと思う競技に違いがあることが調査から判明しました。

Q8. あなたが、観戦したい競技のチケットが何円から何円くらいであれば購入したいと思いますか。(数値回答)【n=1000】

20170419_001
東京オリンピックで、観戦したい競技のチケットがいくらくらいであれば購入したいかをお聞きしたところ、全体では平均「3495円~7073円」であれば購入したいという回答となりました。年代で比較をすると、20代が最も高値を付けており、平均「3628円~7770円」となっています。

Q9. あなたが、下記の若手アスリートの中で知っている選手についてお答えください。(複数回答)【n=1000】

20170419_001
オリンピックでの活躍が期待される若手選手をご存知かお聞きしました。全体で最も知名度が高い選手は体操の「白井健三」選手で57.1%となりました。次いで、陸上短距離の「桐生祥秀」選手、卓球の「伊藤美誠」選手となりました。年代で比較をすると、上位3選手は年代が上がるごとに知名度も上がっていることがわかります。

ダウンロードリストに追加ダウンロード済
ネオマーケティングへのお問い合わせ

ご相談やお見積もり、資料請求はお電話かフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

03-6328-2881

お問い合わせフォーム