INVESTIGATION独自調査レポート
独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート
PRESS RELEASE
2015-11-04 水曜日
株式会社ネオマーケティング

LINE疲れに関する調査

明治大学経営学部の学生が気になることを大調査!!
LINE の ID を持っている高校生、浪人生、大学生、大学院生の男女 513 名に聞いた

「LINE疲れに関する調査」

男性は 40.6%、女性は 48.2%が LINE に疲れると回答!
「周りのみんなからいい人と思われたい」、「憂鬱になりやすい」、
「物事をコツコツ行なうタイプ」は要注意!?


明治大学経営学部歌代ゼミ(担当:歌代豊教授)の学生と総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)は、今回 2015 年 10 月 14 日(水)~10 月 16 日(金)の 3日間、15 歳~29 歳の LINE の ID を持っている高校生、浪人生、大学生、大学院生の男女 513 人を対象に「LINE 疲れ」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

調査背景

アルバイト求人情報サービスを提供する「LINEバイト」のリリースや「LINEマンガ」が、出版事業への参入を発表するなど、LINEはSNSアプリとしてだけではなく、生活になくてはならない様々なサービスを提供しています。しかし、既読の通知などLINEならではの機能によって、LINE疲れをしているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、15歳~29歳のLINEのIDを持っている高校生、浪人生、大学生、大学院生の男女513名を対象に「SNSの利用状況」や「仕事や学校以外の時間、または休日に行なうLINEでのやり取りの頻度」など「LINE疲れ」に関する調査を行ないました。報道の一資料として、ぜひご活用ください。

調査概要

  1. 調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用した WEB アンケート方式で実施
  2. 調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、15 歳~29 歳の LINE の ID を持っている高校生、浪人生、大学生、大学院生の男女を対象に実施
  3. 有効回答数:513 名
  4. 調査実施日:2015 年 10 月 14 日(水)~2015 年 10 月 16 日(金)
  5. 調査立案者:明治大学経営学部歌代ゼミ4年 1 名

「LINE 疲れに関する調査」学生からの感想

LINEによるストレスは、現在、いじめや自殺といった社会問題をも引き起こしており、深刻な問題だといえます。調査結果からもわかるように、LINEは若者の間で最も利用されているSNSであり、ほぼ全員が1日に必ず利用しています。トーク内容やトーク相手は人それぞれでありますが、今回の調査より明らかとなった「疲れやすい人の傾向」に基づき仮説を具体化し、今後のLINEビジネスや、社会問題の解決に向けて検討していきたいと思います。
 なお、ゼミにおいては、本調査データに基づき、回答者を対人関係特性(孤独耐性、疎外恐怖)の面から類型化した分析を試み,LINE疲れのメカニズムについて検討しています。成果の一部を下記URLにアップしましたので、ぜひそちらの方もご覧ください。
「歌代ゼミホームページ・ゼミ活動成果」
http://www.kisc.meiji.ac.jp/~utasemi/output.html
最後になりますが、この度のアンケートにご協力頂いた方々、そしてこのような機会を設けてくださった関係者各位、誠にありがとうございました。

SC あなたの、SNSの利用状況について当てはまるものをすべてお答えください。(単数回答)【n=604】

20170419_001
SNSの利用状況に関してお聞きしたところ、「IDを持っていない」と回答した方が最も多いSNSは「mixi」で81.5%となりました。また、最もIDを持っている方が多いSNSは「LINE」で84.9%。更に「ほぼ毎日使う」と回答した方が65.4%とLINEの使用頻度が高いことがわかります。
【学生コメント】
学生内で、mixi 衰退の一方 LINE が欠かせない状況は周知の事実であったため、予想通りの結果となりました。

■以下、LINE の「ID を持っていない」と回答した 91 名以外の 513 名に対し、本調査を行ないました

Q1. あなたの、LINEでの友達の数についてお答えください。(単数回答)【n=513】

20170419_001
まずはLINEの利用実態を探るため、LINEでの友達の数についてお聞きしました。全体で最も多い回答は「101~200人」で26.3%となっています。性別で比較をすると、女性の101人以上が合計48.6%に対し、男性は33.7%と14.9ポイントの差がありました。LINEでやり取りをする友達の数は女性の方が男性よりも友達の数が多いのかもしれません。

【学生コメント】
女性の方が、男性に比べ、周囲とのつながりに関して敏感なのかもしれません。
ただ、LINE自体広く普及しているわりに、利用者の友人数は全体的に多くないことに驚きました。

Q2. あなたが仕事や学校以外の時間、または休日に行なうLINEでのやり取りの頻度をお答えください。
(単数回答)【n=513】

20170419_001
仕事や学校以外の時間と休日のLINEでのやり取りの頻度をお聞きすると、「使わない」と回答した方が最も少ない項目は「その他友人とのトーク・グループトーク」で22.0%となりました。

【学生コメント】
全体的に、やり取りの回数が少ないと感じました。
相手先が友人とのトークであることは、予想通りの結果ではありました。

Q3.あなたはLINEに疲れますか。(単数回答)【n=513】

20170419_001
LINEに対し、疲れると思うかをお聞きしたところ、全体では「どちらかというと疲れない」と回答した方が35.3%で最も多い回答となりました。特に男性は41.0%の方が回答しています。全体では「疲れる」、「どちらかというと疲れる」の合計値は44.8%、男性は40.6%、女性は48.2%と約半数がLINEに対し疲れを感じていることが判明しました。

【学生コメント】
LINE疲れがおきていることの証明となる調査結果でした。
男女問わず全体の半数が疲労を感じていることは、非常に興味深い現状でした。

Q4. あなたが、LINEで行なうやり取りの内容について、当てはまるものをすべてお答えください。
(単数回答)【n=513】

20170419_001
LINEを疲れると回答した方、疲れないと回答した方は、LINEで行なうやり取りの内容にどのような違いがあるのでしょうか。調査の結果、当てはまる計が、疲れると回答した方に多い傾向にあるようです。特に、事務的な連絡に関しては76.5%と高い数値となっています。多くのやり取りにLINEを使用している方が返信に追われ、疲れてしまったのかもしれません。

【学生コメント】
最も疲れる人の割合の多い連絡内容が、「事務的な内容」であったことは驚きでありました。

Q5. LINEについて、以下の項目から当てはまるものをお選びください。(複数回答)【n=513】

20170419_001
LINEについて、「相手が既読をしたか気になることがある」に当てはまると回答した方は全体で合計55.2%となりましたが、LINEに疲れる女性は70.8%と15.6ポイントの差がつく結果となりました。また、「既読を無視してしまう」、「未読を無視してしまう」の当てはまる計もLINEに疲れる方が多く回答しています。

【学生コメント】
近年、既読機能を原因としたいじめや自殺といった社会問題が発生していますが、この調査により既読機能がストレスにつながっていることが改めてわかりました。

Q6. あなたの、普段の行動や考え方について、当てはまるものをそれぞれお答えください。(単数回答)【n=513】

20170419_001
ではLINEに疲れると回答した方はどのような方なのでしょうか。そこで、普段の行動や考え方についてお聞きしました。すると、「周りのみんなからいい人と思われたい」、「憂鬱になりやすい」、「物事をコツコツ行なうタイプである」という項目で、LINEに疲れる方が多く回答する傾向にあることがわかりました。この項目に当てはまるという方は、今後のLINEの使い方ではLINE疲れになってしまう可能性があるのかもしれませんね。

【学生コメント】
神経症傾向の高いパーソナリティを有する人間は、他と比べ、周囲とのつながりにも敏感であるとわかりました。

ダウンロードリストに追加ダウンロード済
関連する独自調査レポート
曜日に関する調査 パワー&パッションに関する調査
ネオマーケティングへのお問い合わせ

ご相談やお見積もり、資料請求はお電話かフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

03-6328-2881

お問い合わせフォーム