INVESTIGATION独自調査レポート
独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート
PRESS RELEASE
2015-11-04 水曜日
株式会社ネオマーケティング

LINE疲れに関する調査

明治大学経営学部の学生が気になることを大調査!!
LINE の ID を持っている高校生、浪人生、大学生、大学院生の男女 513 名に聞いた

「LINE疲れに関する調査」

男性は 40.6%、女性は 48.2%が LINE に疲れると回答!
「周りのみんなからいい人と思われたい」、「憂鬱になりやすい」、
「物事をコツコツ行なうタイプ」は要注意!?


明治大学経営学部歌代ゼミ(担当:歌代豊教授)の学生と総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)は、今回 2015 年 10 月 14 日(水)~10 月 16 日(金)の 3日間、15 歳~29 歳の LINE の ID を持っている高校生、浪人生、大学生、大学院生の男女 513 人を対象に「LINE 疲れ」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

調査背景

アルバイト求人情報サービスを提供する「LINEバイト」のリリースや「LINEマンガ」が、出版事業への参入を発表するなど、LINEはSNSアプリとしてだけではなく、生活になくてはならない様々なサービスを提供しています。しかし、既読の通知などLINEならではの機能によって、LINE疲れをしているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、15歳~29歳のLINEのIDを持っている高校生、浪人生、大学生、大学院生の男女513名を対象に「SNSの利用状況」や「仕事や学校以外の時間、または休日に行なうLINEでのやり取りの頻度」など「LINE疲れ」に関する調査を行ないました。報道の一資料として、ぜひご活用ください。

調査概要

  1. 調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用した WEB アンケート方式で実施
  2. 調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、15 歳~29 歳の LINE の ID を持っている高校生、浪人生、大学生、大学院生の男女を対象に実施
  3. 有効回答数:513 名
  4. 調査実施日:2015 年 10 月 14 日(水)~2015 年 10 月 16 日(金)
  5. 調査立案者:明治大学経営学部歌代ゼミ4年 1 名

「LINE 疲れに関する調査」学生からの感想

LINEによるストレスは、現在、いじめや自殺といった社会問題をも引き起こしており、深刻な問題だといえます。調査結果からもわかるように、LINEは若者の間で最も利用されているSNSであり、ほぼ全員が1日に必ず利用しています。トーク内容やトーク相手は人それぞれでありますが、今回の調査より明らかとなった「疲れやすい人の傾向」に基づき仮説を具体化し、今後のLINEビジネスや、社会問題の解決に向けて検討していきたいと思います。
 なお、ゼミにおいては、本調査データに基づき、回答者を対人関係特性(孤独耐性、疎外恐怖)の面から類型化した分析を試み,LINE疲れのメカニズムについて検討しています。成果の一部を下記URLにアップしましたので、ぜひそちらの方もご覧ください。
「歌代ゼミホームページ・ゼミ活動成果」
http://www.kisc.meiji.ac.jp/~utasemi/output.html
最後になりますが、この度のアンケートにご協力頂いた方々、そしてこのような機会を設けてくださった関係者各位、誠にありがとうございました。

ダウンロードリストに追加ダウンロード済
関連する独自調査レポート
曜日に関する調査 パワー&パッションに関する調査
ネオマーケティングへのお問い合わせ

ご相談やお見積もり、資料請求はお電話かフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

03-6328-2881

お問い合わせフォーム