INVESTIGATION独自調査レポート
独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート
PRESS RELEASE
2015-08-07 金曜日
株式会社ネオマーケティング

キュレーションサイトに関する調査

立教大学経営学部の学生が気になることを大調査!!
キュレーションサイトを閲覧している全国の 10 代~30 代の女性 400 人に聞いた

「キュレーションサイトに関する調査」

閲覧サイト「Naver まとめ」「MERY」「Beauty まとめ」が TOP3 に
アプリをダウンロードしている半数以上が「毎日」閲覧すると回答


立教大学経営学部の春学期科目「eビジネス&マーケティング」(担当:大嶋淳俊先生)を受講した学生と総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)は、今回 2015 年 7 月 6 日(月)~2015 年 7 月 8 日(水)の 3 日間、キュレーションサイトを閲覧している全国の10 代~30 代の女性 400 人を対象に「キュレーションサイト」をテーマにしたインターネットリサーチを共同で実施いたしました。なお、このテーマは、講義内容との関連で学生が注目している最近のトレンドについて募集を行い、選定したものです。

調査概要

  1. 調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用した WEB アンケート方式で実施
  2. 調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、キュレーションサイトを閲覧している全国の10 代~30 代の女性を対象に実施
  3. 有効回答数:400 名(10 代~20 代/30 代:各 200 名)
  4. 調査実施日:7 月 6 日(月)~2015 年 7 月 8 日(水)
  5. 調査立案者:立教大学経営学部国際経営学科 3 年次 1 名

「キュレーションサイトに関する調査」学生からの感想
近頃 Naver まとめや LINE NEWS など、情報を得るときに頻繁に利用されているキュレーションサイトが注目されています。この調査では、女性を対象にキュレーションサイトの閲覧経験や傾向を読み取ることが出来ます。
私がこの調査で実感したことは、検索エンジンに上位に表示されるサイトの方が、閲覧頻度が高いことです。Q3 の現在閲覧しているキュレーションサイトの調査結果では Naver まとめや MERY など、検索結果で頻繁に上位に表示されるサイトが圧倒的多数を占めていました。利用者側にとってはトップに表示されている記事の方がアクセスしやすく、信用度が高い記事だと感じるため、キュレーション業界ではリリースした記事がトップページに表示されるような仕組みや戦略が、利用者獲得の鍵になることを改めて理解しました。
さらに、若い人ほどファッションや美容関係の記事にアクセスして、年代が上がるにつれてライフスタイルやエンタメ、インテリアや雑貨に関心が湧いてくる結果はとても興味深かったです。実際に私も、ファッションやグルメの流行やトレンドを掴むために、まとめ記事をよく読んでいたので共感した部分も多々ありました。
最後に、今回このアンケートにご協力いただいた皆様に、心より感謝申し上げます。皆様のおかげで大変貴重な調査結果を得ることが出来ました。そしてアンケートを作成して下さったネオマーケティング様や、このような機会を設けて下さった大嶋先生にも深く感謝いたしております。

SC. あなたは、現在キュレーションサイトを閲覧していますか。(単数回答)【n=2437】

20170419_001
キュレーションサイトの閲覧経験についてお聞きしたところ、全体では 20.0%の方が「閲覧している」と回答しました。年代で比較をしてみると、10~20 代の 24.9%、30 代の 18.5%、40 代以上の 11.3%が「閲覧している」と回答する結果となりました。やはり 10~20 代と若い世代に閲覧している方が多いことが調査からわかりました。
【学生コメント】
キュレーションの閲覧経験がわずか 20.0%しかいないのには非常に驚いた調査結果でした。検索エンジンでトップにキュレーションサイトの記事が表示される時際に閲覧する人は多いかもしれませんが、キュレーションサイトに直接アクセスして閲覧する方はもっと少ないだろうと予想しました。
【学生コメント】
若い人の方が 2~3 日に 1 回以上キュレーションサイトを閲覧する割合が高い結果であったため、若い人の方がキュレーションサイトの記事に関心を持っているのがわかります。どの年代も 2~3 週間に 1 回の頻度が 10%を下回っているのも、キュレーションサイトの接触頻度が高いことが伺えます。

Q1. あなたが、キュレーションサイトを閲覧する頻度についてお答えください。(単数回答)【n=400】

20170419_001
キュレーションサイトを閲覧する頻度についてお聞きしたところ、全体で最も多い回答は「2~3 日に1 回程度」となり 39.0%の方が回答しました。「毎日」28.5%と「2~3 日に 1 回程度」39.0%を合わせて半数以上が 2~3 日に 1 回以上はキュレーションサイトを閲覧していることがわかります。年代で比較をすると、10 代~20 代は「毎日」、「2~3 日に 1 回程度」と回答した方が合計 73.0%に対し、30 代は合計 62.0%と、若い年代の方がキュレーションサイトを見る頻度が高いようです。

Q2. あなたは、キュレーションサイトをいつ閲覧しますか。(複数回答)【n=400】

20170419_001
キュレーションサイトをいつ閲覧するかをお聞きしところ、全体で最も多い回答は「睡眠前」となり、59.3%の方が回答しました。キュレーションサイトを閲覧する頻度で比較をしたところ、2~3 日に 1回以上と、それ以下の頻度の閲覧頻度で最も差のあった項目は「起床後」となりその差は 21.1 ポイントとなりました。ヘビーユーザーは起床後にキュレーションサイトを閲覧する傾向にありました。
【学生コメント】
自分自身もキュレーションサイトをよく睡眠前に閲覧するので、とても共感した調査結果になりました。起床後に閲覧する生活スタイルから、ヘビーユーザーのキュレーションサイトに対する信頼感と依存度が高いことを実感出来ます。

Q3. あなたが、現在閲覧しているキュレーションサイトをお答えください。(複数回答)【n=400】

20170419_001
閲覧しているキュレーションサイトについてお聞きしたところ、全体で最も多い回答は「Naver まとめ」81.3%となりました。次いで「MERY」27.8%、「Beauty まとめ」20.3%という順となっています。また、閲覧頻度で比較をすると、2~3 日に 1 回以上の閲覧頻度の方よりもそれ以下の頻度の方が「Naverまとめ」を閲覧していると回答した方が多い結果となっています。しかし、それ以外の項目は 2~3日に 1 回以上キュレーションサイトを閲覧する方が高い数値となっています。
【学生コメント】
やはり、Naver まとめがキュレーションサイトを台頭しているキュレーションサービスであることが実証されています。さらに、女性のライフスタイルやファッション、恋愛の記事が豊富な MERY も、女性だからこそ閲覧頻度が比較的高いのだと感じました。

Q4. あなたがよく閲覧するキュレーションサイトのカテゴリーをお答えください。(複数回答)【n=400】

20170419_001
【TOP10】

よく閲覧するキュレーションサイトのカテゴリーをお聞きしたところ、全体で最も多い回答は「ファッション」となり 59.5%の方が回答しました。次いで「メイク・コスメ」49.0%、「エンタメ」47.5%という順となっています。また、年代で比較をすると、30 代は 10~20 代と比較し「エンタメ」、「ライフスタイル」、「インテリア・雑貨」のカテゴリーをよく閲覧しているようです。
【学生コメント】
若い人ほどファッションやヘアスタイル関連の記事に関心を持っていて、年代が上がるにつれて美容系ではなく、ライフスタイルやインテリアの記事に興味を持っています。また、若い人ほど旅行やおでかけなど、アウトドアに関する記事も興味を示していて面白い調査結果だと思いました。

Q5. あなたがキュレーションサイトを閲覧する上で重視している点をお答えください。(複数回答)【n=400】

20170419_001
キュレーションサイトを閲覧する上で重視している点をお聞きしたところ、全体で最も多い回答は年代問わず「参考になる」となり 69.8%の方が回答しました。しかし、年代で比較をすると、30 代は 10~20 代より「参考になる」、「自分が知りたい情報がコンパクトにまとまっている」、「マネしたくなる」という項目が高くなっています。年代によってキュレーションサイトを閲覧する上で重視する項目に変化がありました。
【学生コメント】
記事を作成するにあたって、長文を多用せずコンパクトに情報をまとめる構成の方が読者にとって好感が持てる記事であることを理解しました。また、若い人は記事のトレンド感も重視していて、キュレーションサイトを使ってトレンドを察知する傾向が高いこともわかります。

Q6. あなたがキュレーションサイトを閲覧する際に使用する端末をお答えください。(複数回答)【n=400】

20170419_001
キュレーションサイトを閲覧する際に使用する端末をお聞きしたところ、全体で最も多い回答は「スマートフォン」で 66.3%となりました。次いで「パソコン」62.5%と、この 2 項目が他項目に大きく差をつける結果となりました。閲覧頻度で比較したところ、2~3 日に 1 回以上のヘビーユーザーは「スマートフォン」で見ると回答した方が最も多く 71.5%、それ以下の頻度の方は「パソコン」が最も多く 69.2%となりました。キュレーションサイトのヘビーユーザーはスマートフォンで手軽にサイトを閲覧しているようです。
【学生コメント】
閲覧頻度が高い人は、スマホを使えばどこでも手軽に記事を読めるので、スマホでの利用率が高いのには納得しました。

Q7. あなたはキュレーションアプリをダウンロードしていますか。(単数回答)【n=400】

20170419_001
スマートフォン、タブレット端末でキュレーションサイトを閲覧する方に対し、キュレーションアプリをダウンロードしているかをお聞きしました。全体の 3 割以上がキュレーションアプリをダウンロードしていることが判明しました。閲覧頻度で比較をすると、2~3 日に 1 回以上閲覧している方は約半数がアプリをダウンロードしているようです。2~3 日に 1 回以上閲覧している方は閲覧する端末も「スマートフォン」と回答した方が多く、そのためアプリをダウンロードしているという方も多いのではないでしょうか。
【学生コメント】
ヘビーユーザーの方がどこでも簡単に閲覧出来るように、アプリをダウンロードしてスマホから閲覧していることが調査結果で判明しました。また、ダウンロードしていない人の中で『今後ダウンロードしようと思っている人』の割合が少ないので、この層を増やしダウンロードに繋げることが今後の課題であると感じました。

Q8. あなたが、キュレーションアプリを閲覧する頻度についてお答えください。(単数回答)【n=114】

20170419_001
キュレーションアプリをダウンロードしていると回答した 114 名に対し、どれくらいの頻度でキュレーションアプリを閲覧しているかをお聞きしました。すると、半数を超える 52.6%が「毎日」と回答する結果となりました。
【学生コメント】
アプリをダウンロードしている人はヘビーユーザーの方が多いので、サイトを閲覧する場合と比べて、毎日閲覧する割合が高くなっています。さらに、80%以上の方が少なくとも 2~3 日に 1 回は閲覧しているので、キュレーションアプリをダウンロードした方はアプリの利用率も高いことがわかります。

Q9. あなたは、キュレーションサイト以外に他の媒体でも情報を取り入れていますか。(単数回答)

20170419_001
キュレーションサイト以外に他の媒体でも情報を取り入れているかをお聞きしたところ、全体では80.5%の方が「取り入れている」と回答しました。キュレーションサイトの閲覧頻度で比較をすると、2~3 日に 1 回以上キュレーションを見ている方は 83.3%、それ以下の頻度の方は 74.6%と 8.7 ポイントの差がつく結果となりました。キュレーションサイトをよく閲覧する方は、他の媒体からも情報を得ている方が多く、情報感度に高いと言えるのかもしれません。
【学生コメント】
キュレーションサイト以外では、SNS や雑誌で情報を取り入れている人が多く、トレンドを察知するのにも有効な媒体を多く使っていますね

Q10. あなたは、友人との話題にキュレーションサイトで読んだ情報を使いますか。(単数回答)【n=400】

20170419_001
友人との話題にキュレーションサイトで読んだ情報を使うかをお聞きしたところ、全体では「時々使う」と回答した方が最も多く 43.3%となりました。「よく使う」の 15.8%を合わせると 59.1%と半数以上が話題にしているようです。また、「よく使う」と回答した方が 30 代は 10.5%に対し、10~20 代は 21.0%と 2 倍の数値となりました。
【学生コメント】
友人との会話では、閲覧した記事の中でもインパクトがあるものや、新規性のある内容を話のネタにする人が多いのではないかと感じました。

ダウンロードリストに追加ダウンロード済
関連する独自調査レポート
インターネットに関する調査 ECサイトに関する調査 フリマアプリとECサイトに関する調査
ネオマーケティングへのお問い合わせ

ご相談やお見積もり、資料請求はお電話かフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

03-6328-2881

お問い合わせフォーム