INVESTIGATION独自調査レポート
独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート
PRESS RELEASE
2018-05-09水曜日リリースデータ
株式会社ネオマーケティング

EC サイトに関する調査

IT・情報通信・メディア

全国の 20 歳以上の直近 3 ヶ月以内にECサイトで商品を購入した 500 人に聞いた

「EC サイトに関する調査」

「メーカー公式ホームページ」は閲覧メイン?
閲覧 と購入ともに多い EC サイトは「楽天市場」「Amazon」の 2 強!
EC で購入後の SNS シェア経験は 17.0%にとどまる結果に


リリース・ローデータ・GT表をダウンロードリストに追加ダウンロード済

総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回 2018 年 4 月 11 日(水)~2018 年 4 月 13 日(金)の 3 日間、全国の 20 歳以上の直近 3 ヶ月以内に、EC サイトで商品を購入した 500 名を対象に「EC サイトに関する調査」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。報道の一資料として、ぜひご活用ください。

調査背景

経済産業省の「平成 29 年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」によると、日本国内の消費者向け EC 市場は 16 兆 5054 億円に拡大し、前年比 9.1%増となりました。このような中で、消費者はどのように EC サイトを利用しているのでしょうか。そこで今回は、20 歳以上の直近 3 ヶ月以内に、EC サイトで商品を購入した 500 人に対し「EC サイト」に関する調査を行ないました。報道の一資料として、ぜひご活用ください。

調査概要

  1. 調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用した WEBアンケート方式で実施
  2. 調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、全国の 20 歳以上の直近 3 ヶ月以内に、EC サイトで商品を購入した男女を対象に実施
  3. 有効回答数:500 名(20 代、30 代、40 代、50 代、60 代以上の男女:各 50 名)
  4. 調査実施日:2018 年 4 月 11 日(水)~2018 年 4 月 13 日(金)

「EC サイトに関する調査」主な質問と回答と一部抜粋

EC サイトで商品を購入する際に参考にする情報源は?

「EC サイト・アプリ」が最多の 85.4%。「Twitter」や「Instagram」などの SNS は1割以下にとどまる結果となった。しかし 20 代は「Twitter」 22.0%、「Instagram」16.0%と他年代と比較し多い結果に。

レビューを書いた回数と SNS でシェアした回数は?

レビューは「4回以上」が最多の 43.4%。 62.8%がレビューを書いた経験があることがわかった。一方、SNS でシェアをした経験は 17.0%にとどまった。

「閲覧する」EC サイト「お気に入りに入れている」EC サイト「購入時に利用する」EC サイトは?

閲覧、お気に入り、購入時ともに第 1 位は「楽天市場」。「メーカー・ブランド公式通販サイト」は閲覧は 70.4%に上るものの、購入時は 33.6%となり、購入までには至りにくいようだ。

20170419_001

リリース・ローデータ・GT表は、下記より無料でダウンロードいただけます!(一部の調査を除く)

リリース・ローデータ・GT表をダウンロードリストに追加ダウンロード済
関連する独自調査レポート
PCユーザーに関する調査 フリマアプリとECサイトに関する調査 ECサイトの問い合わせチャットに関する調査
ネオマーケティングへのお問い合わせ

ご相談やお見積もり、資料請求はお電話かフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

03-6328-2881

お問い合わせフォーム