INVESTIGATION独自調査レポート
独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート
PRESS RELEASE
2018-07-11水曜日リリースデータ
株式会社ネオマーケティング

夏休みのお金の使い方に関する調査

季節・イベント・時事

「夏休み」がある20歳以上の男女1000名に聞いた

「夏休みのお金の使い方に関する調査」

今年の夏休みの連休に使おうと決めている金額は、平均で8.79万円!
予算作りのために我慢していることは「外食」と回答した人が最も多く
次いで「ショッピング」が続く


総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回2018年6月12日(火)~2018年6月14日(木)の3日間、「夏休み(7月8月の3日以上の連休)」がある20 歳以上の男女1000 名を対象に「夏休みのお金の使い方」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

調査背景

7月に入りいよいよ夏も本格化してきました。お祭・旅行・レジャー・帰省と、「夏休み」の予定を立てている方も多いのではないでしょうか。多様な消費活動が発生する「夏休み」だからこそ、様々な目的について事前に予算を考えておくことが必要になってくるでしょう。そこで今回は、今年の「夏休み」のお金の使い道やその金額を調査し、人々の景気に対する意識やお金の動向を把握するため、「夏休みのお金の使い方に関する調査」を行ないました。報道の一資料として、ぜひご活用ください。

調査概要

  1. 調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEB アンケート方式で実施
  2. 調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、「夏休み(7月8月の3日以上の連休)」がある20 歳以上を対象に実施
  3. 有効回答数:1000 名(20 代、30 代、40 代、50 代、60 代以上の男女:各100 名)
  4. 調査実施日:2018年6月12日(火)~2018年6月14日(木)

「夏休みのお金の使い方に関する調査」主な質問と回答

◆今年の夏休みの連休に使おうと決めている金額は?

平均は8.79万円で、年代が高くなるにつれて金額があがる傾向にある。

◆今年の夏休みの連休の予算の使い道は?

全体で最も多い回答は「旅行」48.6%、次いで「レジャー」29.7%、「帰省」21.4%と続く。

◆夏休みの連休の旅行先は?

夏休みの連休の予算の使い道で旅行に行くと回答した人のうち、 84.4%の人が国内旅行を予定している。

◆夏休みの連休の予算作りのためにしていることは?

最も多い回答は「節約」45.5%、次いで「貯金」が45.3%と続く。

◆夏休みの連休の予算作りのために我慢していることは?

「外食」と回答した人が25.3%と最も多く、「ショッピング」と回答した人が21.1%と続く。

◆夏休みの連休のために参考にしている情報収集の手段は?

最も多い回答は「テレビ番組・テレビCM」42.3%、次いで「ポータルサイト/ニュースサイトの記事」27.7%、「友人・知人・親族の口コミ」23.7%となっている。年代別で見ると20代は「SNS」、60代以上は「新聞記事・新聞広告」が平均よりも高い。

リリース・ローデータ・GT表は、下記より無料でダウンロードいただけます!(一部の調査を除く)

リリース・ローデータ・GT表をダウンロードリストに追加ダウンロード済
関連する独自調査レポート
夏休みの国内旅行に関する調査 夏の食生活に関する調査 夏の体調不良に関する調査
ネオマーケティングへのお問い合わせ

ご相談やお見積もり、資料請求はお電話かフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

03-6328-2881

お問い合わせフォーム