INVESTIGATION独自調査レポート
独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート
PRESS RELEASE
2018-08-08水曜日リリースデータ
株式会社ネオマーケティング

有料動画配信サービスに関する調査

IT・情報通信・メディア

18歳以上の男女1000人に聞いた

「有料動画配信サービスに関する調査」

有料動画配信サービス現利用者のうち、満足している人は7割以上!一方で現非利用者の9割が今後の利用検討をしておらず、利用に関しての意見は二極化している傾向に


リリース・ローデータ・GT表をダウンロードリストに追加ダウンロード済

総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。
今回2018年7月18日(水)~2018年7月19日(木)の2日間、全国の18歳以上の男女を対象に「有料動画配信サービス」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

調査背景

昨今、NetflixやHuluなどの定額制動画配信サービスの利用が拡大しており、勢いが増しています。
そのような中、定額制動画配信サービスの視聴実態やサービス間比較のデータは存在しますが、既存のPeyTVチャンネルも含めた有料の動画視聴についての生活者のトータルな実態と意識はあまり明らかになっていません。そこで今回は、一般生活者における有料動画視聴の実態と意識を明らかにし、動画コンテンツ配信事業の今後の市場の方向性を模索するための調査を行いました。参考資料として、ご活用ください

調査概要

  1. 調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
  2. 調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、利用可能な動画視聴機器を所有している18歳以上の男女を対象に実施
  3. 有効回答数:1000名
  4. 調査実施日:2018年7月18日(水)~2018年7月19日(木)

「有料動画配信サービスに関する調査」主な質問と回答と一部抜粋

◆契約している有料のインターネット動画配信サービスは?

「Amazonプライムビデオ」67.2%が最も多く、年代が高い人ほど「Amazonプライムビデオ」の利用率が高い一方で、「Hulu」「Netflix」の利用者については、年代が低い人の割合が高い。

◆有料のテレビ放送や動画配信サービス総合満足度は?

7割以上の人が比較的満足していると回答している。ただ、性年代別で見ると、男性40代は52.9%、女性50代は50.0%となり、性別間、年代間で有料サービスへの評価が異なっていることが伺える。

◆有料のテレビ放送や動画配信サービスを契約している人の今後の利用意向は?

約9割の人が継続・または利用を拡大するつもりであることがわかった。特に利用拡大意向が高いのは20代以下の男女となり、若い世代の今後の利用はますます広がるように思える。また、有料のサービスに対し総合満足度で不満足と回答した人達のうち、約8割は「当面は現状のまま契約を続けるつもり」と回答しており、不満足とはいえ一定の価値を感じていることが読み取れる。

◆有料のテレビ放送や動画配信サービスの契約をしていない人の今後の利用意向は?

9割近くの人が利用を検討していないことがわかった。現在利用していない人の中で利用を検討しているのがわずか1割程にとどまっていることからも、現在利用している人は継続利用意向が強く、利用していない人は利用意向が弱いというように、利用に関しての意見が二極化している傾向が伺える。

リリース・ローデータ・GT表は、下記より無料でダウンロードいただけます!(一部の調査を除く)

リリース・ローデータ・GT表をダウンロードリストに追加ダウンロード済
ネオマーケティングへのお問い合わせ

ご相談やお見積もり、資料請求はお電話かフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

03-6328-2881

お問い合わせフォーム