INVESTIGATION独自調査レポート
独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート
PRESS RELEASE
2018-09-06木曜日リリースデータ
株式会社ネオマーケティング

マッチングアプリに関する調査

その他

立教大学経営学部の学生が気になることを大調査!!

「マッチングアプリに関する調査」

マッチングアプリ利用状況は 21.5%
今や 20 代 30 代の約 5 人に 1 人が利用している!?
男女でマッチングアプリ利用者への印象が異なる結果に


立教大学経営学部の春学期科目「eビジネス&マーケティング」(担当:大嶋淳俊先生)を受講した学生と総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回 2018 年 7 月 12 (木)~2018 年7 月 17 日(火)の 6 日間、全国の 20~39 歳の未婚の男女を対象に「マッチングアプリ」をテーマにしたインターネットリサーチを共同で実施いたしました。報道の一資料として、ぜひご活用ください。

調査背景

調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用した WEB アンケート方式で実施

調査概要

  1. 調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、全国 20~39 歳の未婚で現在恋人がほしいと思っており、スマートフォンを所有していてマッチングアプリを認知している男女を対象に実施
  2. 有効回答数:664 名
  3. 調査実施日:2018 年 7 月 12 日(木)~2018 年 7 月 17 日(火)
  4. 調査立案者:立教大学経営学部経営学科 3 年次 1 名

「マッチングアプリに関する調査」学生からの感想

・本企画の参加動機について

スマートフォンが当たり前になったいま、私達の日常のあらゆる活動は、サイバースペースへと移行されています。しかし、冠婚葬祭に関するサービスなど、技術面ではなく人々の意識や社会的側面から、インタ ーネット化や機械化を進めにくい特定の分野があると感じており、人生における人間関係の構築や恋愛に関するビジネスもその一つです。
私自身は、親しい友人からインターネット上で知り合った人と交際しているという話を聞いたことをきっかけに、自分の中にある偏見に気付きました。そのため、自分と近い世代の人達が実際にはどのような印象を持っているのか知りたいと思い、このテーマで調査させて頂きました。

結果を見ての所感

今回の調査では、20 代 30 代の未婚で恋人がほしいと思っており、マッチングアプリを認知しているスマートフォン所有者の男女を対象に、15 問の質問とそれに関連する意見やそう考える理由などを伺いました。結果から、全体を通じて今この業界は過渡期であると感じました。その中で、ネット上の出会いが普及することに関してよくないと捉えている人は 1 割に満たない一方、利用に対して抵抗感を感じている人が 69.3%いるという状況があることがわかりました。マッチングアプリや同様のサービスが普及することは、個々人が止められるものではありません。しかし、賢い消費者になるためには、インターネット化にうまく適応しつつも、何が問題点で、抵抗を感じさせているものは何なのか、もう一度考える必要があります。

調査全体、本企画に参加したことに対する感想など

質問紙の作成からプレスリリースまで関わらせて頂き、インターネット調査の流れや内容について詳しく知ることができました。SNS などを通じて、普段の生活でも頻繁に情報の発信者になっていますが、今回の企画への参加は、仕事として情報を発信するということについて改めて考える機会となりました。今後はこの経験を、メディアから発信される大量の情報の受け手として、情報の取捨選択や分析に活かしたいと思います。

リリース・ローデータ・GT表は、下記より無料でダウンロードいただけます!(一部の調査を除く)

リリース・ローデータ・GT表をダウンロードリストに追加ダウンロード済
関連するサービス
ネットリサーチ
関連する独自調査レポート
若者の消費トレンドに関する調査 告白事情に関する調査 異性受けするお酒の飲み方に関する調査
ネオマーケティングへのお問い合わせ

ご相談やお見積もり、資料請求はお電話かフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

03-6328-2881

お問い合わせフォーム