CONTENTSお役立ちコンテンツ

弊社が独自で調査した市場調査レポートやリサーチに役立つホワイトペーパーを紹介いたします。

その他

2019年07月31日

  • リリース
  • データ

宮城大学 事業構想学群の学生が気になることを大調査!!
全国の15 歳以上で「ギャル」という単語を認知している男女に聞いた

ギャルの基準に関する調査

男性はギャルに対して「可愛い」と好意的な考えを持っている!
92.8%の女性が今も昔もギャルではなかったが、10 代~20 代の5 人に1 人が、実はギャルへ憧れていた時期がある!!

リリース・ローデータ・GT表を
ダウンロードリストに追加 →

宮城大学の「経営情報管理」(担当:大嶋淳俊先生)を受講した学生と総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回2019 年7 月2 日(火)~2019 年7 月4 日(木)の3 日間、全国の15歳以上の「ギャル」という言葉を知っている男女を対象に「ギャルの基準」をテーマにしたインターネットリサーチを共同で実施いたしました。報道の一資料として、ぜひご活用ください。

調査概要

調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施

調査の対象:全国の15 歳以上の「ギャル」という言葉を知っている男女を対象に実施

有効回答数:1,000 名

調査実施日:2019 年7 月2 日(火)~2019 年7 月4 日(木)

調査立案者:宮城大学 事業構想学群 3 年次1 名

◆「ギャルの基準に関する調査」 学生Y.U.さんからの感想

・本企画の参加動機について

私は普段ギャル全盛期のような見た目はしていませんが、昔からよく「ギャル」と言われます。元々ギャル文化は大好きで憧れはありましたが、日常的につけまつげや派手なカラーコンタクト、露出の多い服装を身につけている訳ではなかったため自分自身ではギャルだとは思っていませんでした。そこで私は現在の「ギャルの基準」が全盛期の頃と比較して変化しているのではないかと考えました。
また、伝説のギャル雑誌「egg」の復刊号が令和初日に発売されたこともあり、ギャルが近年再認識されてきています。そこで再ブームの波があるギャルについて全世代にアンケート調査を行う機会は貴重だと思い、参加したいと思いました。

・結果を見ての所感

今回の調査では過去と現在で比較し、ギャルだと感じる見た目や行動など細かく分析しました。結果として、現在のギャルの基準は一般受けのするナチュラルな印象に近づいていることがわかりました。メイクや服装も現在の流行や技術の発達に伴い少しずつ変化していました。しかし、行動面は順位に変動があったものの内容としてはあまり変化が見られなかったため、現在は見た目よりも行動でギャルだと判断されやすいということがわかりました。実際に現在のギャルは渋谷系や原宿系、黒ギャル、白ギャル等に多様化しています。このように、ギャルだと判断されるのは固定の見た目だけではなく、ギャル特有の中身や行動からの印象だと思いました。社会の風潮として、ギャルに限らず多様化した容姿を柔軟に受け入れて、個々の中身をよく見るようになってきているではないかと感じました。

・調査全体、本企画に参加したことに対する感想など

私は、初めて今回のような、企業と共同で何かを行うという企画経験をしました。応募用紙から始まり何度も検討して考えていく作業は時間がかかり大変だった分、とてもやりがいを感じました。また、日常の時間がない中で仕事をするにおいて、効率的にメリハリをつけて作業するスキルが大切だと思いました。社会人に向けてこれから身につけていかなければならないと感じました。

リリース・ローデータ・GT表を
ダウンロードリストに追加 →
< 独自調査レポートに戻る