CONTENTS調査レポート・データ

弊社が独自で調査した市場調査レポートやリサーチに役立つホワイトペーパーを紹介いたします。

食品・飲料

2019年10月11日

  • リリース

ほうじ茶はしあわせ感をもたらし、
働き方改革における生産性の向上が期待できる結果に

ほうじ茶の飲用効果の研究 ―アンケート調査と脳波測定による検討―

総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回、健康な男女を対象に「ほうじ茶の飲用効果に関する研究」を実施いたしました。

リリース・ローデータ・GT表を
ダウンロードリストに追加 →

調査背景

PC・スマートフォン等のデジタル依存、複雑な人間関係など、現代社会の日常にはあらゆるストレスがあふれている中、今年4月には働き方改革関連法が本格的に施行され、職場においては生産性の向上が求められています。ストレスを解消する商品やサービスも続々登場している中、従来から日本において、日常的な飲料として親しまれてきたお茶に着目すると、中でも、ほうじ茶の香りについてはすでに生理学的なリラックス効果が認められていることがわかっています。そこで今回は、お茶を飲用した場合に与える心理学的な効果や脳機能への効果を、ほうじ茶と緑茶という代表的なお茶について、それぞれ一番茶を用いて評価をし、両者の特徴を明らかにすることにしました。
心理学評価にはVAS法というアンケート調査を用い、脳機能の評価には脳波測定を用いました。両者の結果を詳細に分析するとともに、心理学的な効果とその背景となる脳機能への影響との関連を検討しました。
本研究は株式会社伊藤園、杏林大学 古賀良彦名誉教授、十文字学園女子大学 小長井ちづる准教授の協力を得て脳波測定を実施しております。

調査概要

1.アンケート調査(心理学評価)

【調査方法】
1) 対象 :一都三県に在住する健康な右手利きの20~44歳の男女109名
2) 調査実施日 :2019年2月23日(土) 
3) 調査方法 :ほうじ茶※2と緑茶※2を被験者にはブラインド法※3で飲用させた直後、アンケート
 による調査(VAS法※4)を実施
4) 調査内容 :飲用後の気分ならびに各飲料の味および香りに関する評価。合計20項目
5) 調査項目 :
1)リラックス・緊張 2)快・不快 3)懐かしい・新しい 4)積極的な・消極的な 5)すっきりとした・すっきりとしない 6)気持ちの良い 7)精神的疲労感 8)ストレス感 9)嫌悪 
10)意欲 11)イライラする 12)当惑 13)ほっとする 14)おだやかな 15)さわやかな 
16)集中力 17)親しみ 18)うまみ 19)香ばしい・香ばしくない 20)おいしい・おいしくない

※2 ほうじ茶、緑茶はともに一番茶を使用。
※3 ブラインド法とは・・・どちらの飲料かを被験者には伝えずに調査を実施すること。
※4 VAS(visual analog scale)法とは・・・VAS法とは長さ10cmの黒い線分の左右に対称的な語句を配し、気分や飲料に対する評価を線分上にチェックさせ、その数値を測定するもの。

2.脳波測定

【測定方法】
1)対象 :アンケート調査に参加した者のうち、20~24歳、25~29歳、30~34歳、
35~39歳、40~44歳の各年齢層の男女1名ずつ、計10名を抽出(内、有効デ
ータの得られた被験者は8名)。
2)脳波測定機 :携帯型多用途生体アンプ ポリメイトⅤ((株)ミユキ技研)
3)電極 :脳波キャップ式電極 ウェーブガード(eemagine Medical Imaging Solutions
GmbH)
4)試料 :55℃のほうじ茶、緑茶、およびミネラルウォーター各100 mL
5)測定方法 :頭部19部位から、それぞれの試料を飲用した直後の聴覚弁別課題遂行中の脳波
を測定。

リリース・ローデータ・GT表を
ダウンロードリストに追加 →
< 独自調査レポートに戻る