INVESTIGATION独自調査レポート
独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート
PRESS RELEASE
2015-03-10 火曜日
株式会社ネオマーケティング

営業支援としての販売管理システムに関する調査

全国の22歳~65歳の企業での販売管理システム担当者、男女300人に聞いた

「営業支援としての販売管理システムに関する調査」

システム担当者が思う『経営者』と『利用者』の要望に違い。経営者は「コスト削減」 利用者は「操作や入力の負担軽減」。従業員300人未満の企業「システムの専任いない」約3割


総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回、2015年2月20日(金)~2015年2月24日(火)の5日間、全国の22歳~65歳の企業での販売管理システム導入者、男女300人を対象に「営業支援としての販売管理システム導入」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

調査背景

3 月になり、決算期の企業も多いのではないでしょうか。それぞれの企業においては、日々各部門で売上・利益を上げる為様々な努力をされている事でしょう。売上・利益の向上というと営業部門のプレゼン力や企画力が注目されることが多いですが、システムを導入する事で業務効率が上がり、利益改善に貢献する可能性もあるのではないでしょうか。そこで今回は、全国の 22~65 歳以上の男女 300人に「販売管理システム導入」に関するテーマにした意識調査を行ないました。
報道の一資料として、ぜひご活用ください。

調査概要

  1. 調査の方法:株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
  2. 調査の対象: 調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、全国の男女22歳以上の、年商50億円以上の製造業・卸売業で、販売売上管理に関わるシステムを導入している企業に勤める、売上・販売管理に関わるシステムの導入を検討・決定する担当者を対象に実施
  3. 有効回答数:300名
  4. 調査実施日:2015年2月20日(金)~2015年2月24日(火)
ダウンロードリストに追加ダウンロード済

「販売管理システム導入に関する調査」主な質問と回答

◆どのような目的で使用している?

1 位は「受注管理」75.7%。次いで「売上・売掛管理」75.0%

◆経営者から期待されると思う事は?

全体は「コスト削減」75.7%がトップに!
従業員数別でもコスト削減が一番期待されているという結果に

◆一方、利用部門から期待されると思う事は?

全体の 1 位は「操作や入力の負担軽減」57.3%と経営者とは異なる結果に!

◆システムに専任で携わる人数は?

全体では、「2~5 人」36.3%がトップ!
従業員 5,000 人を超える企業は、「20 人以上」31.8%
逆に従業員 300 人未満の企業は、「専任はいない」26.8%

20170419_001

Q1. あなたがお勤めの会社で、売り上げ・販売管理に関わるシステムに専任で携わる人数をお答えください。(単数回答)【n=300】

20170419_001
お勤めの会社で、売上・販売管理に関わるシステムに専任で携わる人数をお聞きしたところ、従業員数が 300 人未満の企業では、「専任がいない」と回答した方が 26.8%、「1 人」と回答した方が 11.0%と、売上・販売管理に関わるシステム運用を 1 人以下で行なっていることが分かりました。

Q2. あなたがお勤めの会社では販売・売上管理に関わるシステムをどのような目的で使用していますか。(複数回答)【n=300】

20170419_001
お勤めの会社では販売・売上管理に関わるシステムをどのような目的で使用しているかをお聞きしたところ、全体で最も多かった項目は「受注管理」75.7%となりました。従業員数別で見てみると、「300人未満」のトップは、「売上・売掛管理」84.1%、「1,000~5,000 人未満」のトップは、「発注・仕入管理」74.4%と従業員数によって使用目的が違うことが分かりました。また「請求書発行管理」「支払・買掛管理」の項目では、従業員数が少なくなるほど、数値が高く「請求書発行管理」「支払・買掛管理」を目的として活用していることが分かりました。

Q3-1.売上・販売管理システムの運用に関わる中であなたが、経営者から期待されていると思う事をお答えください。(複数回答)【n=300】

20170419_001
経営者から売上販売管理に関わるシステムに期待されていると思う事は、「コスト削減」75.7%が最も多い回答となりました。次いで「営業利益拡大」53.0%となりました。特に従業員が 1,000 人以上の企業で半数の以上の方が回答しています。従業員数の多い企業のシステム担当者は、経営者から営業利益拡大に貢献するシステムに求められていると感じているようです。

Q3-2. また、利用部門から期待されていると思う事をお答えください。(複数回答)【n=300】

20170419_001
それでは、実際に売上・販売管理に関わるシステムを使用している利用部門からはどのような事を期待されているのでしょうか。利用部門から期待されていると思う事は、「操作や入力の負担軽減」57.3%が最も多い回答となりました。次いで「業務フローの改善」「他のシステムとのデータ連携向上」44.3%となり、実際にシステムを操作する利用部門からは、作業の効率化を期待されているようです。システム担当者が売上・販売管理システムに期待されていると感じる内容は、経営者と利用部門で異なる事が分かりました。

ダウンロードリストに追加ダウンロード済
関連する独自調査レポート
資産運用とお客様サポートに関する調査
ネオマーケティングへのお問い合わせ

ご相談やお見積もり、資料請求はお電話かフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

03-6328-2881

お問い合わせフォーム