INVESTIGATION独自調査レポート
独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート
PRESS RELEASE
2015-02-24 火曜日
株式会社ネオマーケティング

モーニングに関する調査

月に一度以上モーニングを利用したことのある全国の 30 歳~69 歳の男女 1000 人に聞いた

「モーニングに関する調査」

価格や品質・ボリュームなどメニューの内容が
ますます重視される傾向に!
満足度 1 位は? 60 代は「デニーズ」50 代「ドトール」30・40 代は「コメダ珈琲」
朝活の活性化で年収アップ!?年収 500 万円以上の半数以上が週 1 以上モーニング利用。


総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回、2015 年 2 月 16日(月)~2015 年 2 月 17(火)の 2 日間、月に一度以上モーニングを利用したことのある社会人 30歳~69 歳の男女 1000 人を対象に「モーニング」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

調査概要

  1. 調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用した WEB アンケート方式で実施
  2. 調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、月に一度以上モーニングサービスを利用したことのある全国の男女 30 歳~69 歳を対象に実施
  3. 有効回答数:1000 名(30 代・40 代・50 代・60 代の男女:各 125 名)
  4. 調査実施日:2015 年 2 月 16 日(月)~2015 年 2 月 17 日(火)

「モーニングに関する調査」主な質問と回答

モーニングの利用頻度は?
週に 1 度以上利用すると回答したかたは、全体の 37.8%となりました。年収別では、500 万円以上の半数が週 1 回以上モーニングを利用すると回答。
モーニングの重視する点
利用頻度が増えたという方の重視する点は、「料理・ドリンクの品質」「落ち着ける空間・広さ」に続き、「料理・ドリンクのボリューム」となりました。
モーニングの満足度 1 位は?
30・40 代は「コメダ珈琲」50 代「ドトール」60 代は「デニーズ」という結果となった。
その他

モーニング利用店舗の満足度、利用時に重視している点など。
モーニングとは
日本の喫茶店、レストランやカフェが、朝の時間帯にドリンクやトーストなど特定のメニューを朝食として提供するサービスのことを指します。

Q1. あなたがモーニングを利用する頻度をお答えください。(単数回答)【n=1000】

20170419_001
【年代別】

月に 1 回以上モーニングを利用する方に、その頻度をお聞きしたところ、全体で最も多い回答は「週 に 1 回以上」となり 37.8%の方が回答しました。年代別に比較すると、働き盛りの 40 代が「週 1 回以 上」と回答した方が他年代より多く 4 割を超える結果となりました。また、60 代も「週 1 回以上」 と回答した方が 34.8%と他年代と比較しても引けをとらず、引退後もモーニングを続けている方が多 いようです。
【年収別】

また、個人年収別に比較をしたところ、個人年収が 500 万円以上の方は「週に 1 回以上」と回答した 方が 50.7%と半数を超える結果となりました。朝の時間を有効に活用し、しっかりと朝食を摂ること により、仕事がはかどった結果なのでしょうか。

Q2. あなたがモーニングで利用したことのある店舗をお答えください。(複数回答)【n=1000】

20170419_001
モーニングで利用したことのある店舗をお聞きしたところ、上記のような結果となりました。利用し たことのある店舗で最も多いのは、コーヒーショップでは「ドトールコーヒー」58.0%、ファースト フードでは「マクドナルド」71.7%、ファミリーレストランでは「ガスト」47.5%、牛丼屋では「吉野 家」31.3%となりました。

Q3. あなたがモーニングで利用したことのある店舗の満足度をお答えください。(単数回答)【n=1000】

20170419_001
モーニングで利用したことのある店舗の満足度を 5 段階で評価し、「満足」「やや満足」を合計したと ころ、全体で最も評価が高かったのは「コメダ珈琲」71.3%でした。年代別にみると、30 代 40 代が「コ メダ珈琲」で 7 割を超える満足度となり、50 代の方は「ドトールコーヒー」68.8%と約 7 割。60 代の トップは「デニーズ」77.3%となり、約 8 割の方が支持しています。 全ての店舗で半数以上が「満足・やや満足」と回答していることから、現在のモーニングのメニュー は満足度の高いものが多いのかもしれません。

Q4. 下記の項目の中で、モーニングを提供している店舗に対して重視していること 1 位~5 位まで教えてください(単数回答)【n=1000】

20170419_001
モーニングを提供している店舗に対して重視していることを 1 位から 5 位までお聞きし、1 位を 5 ポ イント、2 位を 4 ポイント、3 位を 3 ポイント、4 位を 2 ポイント、5 位を 1 ポイントとして算出しま した。全体では「料理・ドリンクの品質」が最も多い回答となっています。また、モーニングの利用 頻度の増減で比較をすると、利用頻度が増えたという方の重要点は、「料理・ドリンクの品質」「落ち 着ける空間・広さ」に続き、「料理・ドリンクのボリューム」となりました。モーニングの利用が増 えたと回答したのは若い世代が多かったという結果もあり、ボリュームを求める傾向にあるようです。 モーニングはメニューの内容がますます重視される傾向にあるのではないでしょうか。

Q5. あなたがモーニングを利用し始めた時期をお答えください。(単数回答)【n=1000】

20170419_001
モーニングを利用し始めた時期をお聞きしたところ、全体では 7 割以上の方が「3 年以上前」と回答 しました。現在、モーニングを利用している方は昔から継続している人が多いようです。一方、年代 別で見てみると、30 代が「1年未満」23.2%と他の年代よりも高い結果となっています。若い年代で モーニングが浸透し始めていることが判明しました。

Q6. あなたが初めてモーニングを利用した時期と現在を比べて、モーニングを利用する頻度は増えましたか。(単数回答)【n=1000】

20170419_001
【性年代別】

初めてモーニングを利用した時期と現在を比べて、モーニングを利用する頻度をお聞きしたところ、30 代の 38.0%の方がモーニングを利用する頻度が増加したと回答しました。特に 30 代男性に関しては 44.0%と他世代よりも多い傾向がうかがえます。
【モーニング頻度別】

モーニングの利用頻度で比較をすると、「週に 1 回以上」モーニングに行くと回答した方が「増加した」が約半数と、利用頻度の高い方の利用が増えている事が分かりました。

Q7. あなたがモーニングを利用する際の、予算を教えてください。(単数回答)【n=1000】

20170419_001
モーニングを利用する際の予算をお聞きしたところ、平日では「300円~500円未満」が最も多く60.8%、次いで「500~800 円未満」が 31.8%となりました。休日では、「500 円~800 円未満」の利用者が増え43.4%と平日よりも 11.6 ポイント高くなりました。また、「800 円~1,000 円未満」の利用者も休日になるとわずかながらポイントが上がっています。休日の朝は少しお財布の紐がゆるくなるのかもしれません。
モーニングを利用することは、健康的になるだけでなく、時間を有効に使うことが出来ることが調査により分かりました。日本人は朝の生活が好きなのかもしれません。今回の調査では、モーニングを利用する人が増えていることも分かり、モーニングはメニューの内容がますます重視される傾向にあるようです。
お店側も様々な工夫をしてモーニングを提供しています。
明日から朝、いつもよりも少し早めに家を出て、お店でモーニングを利用してみてはいかがでしょうか。

ダウンロードリストに追加ダウンロード済
関連する独自調査レポート
ビジネスパーソンの朝食事情に関する調査 外食に関する調査
ネオマーケティングへのお問い合わせ

ご相談やお見積もり、資料請求はお電話かフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

03-6328-2881

お問い合わせフォーム