INVESTIGATION独自調査レポート
独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート
PRESS RELEASE
2015-02-10火曜日リリースデータ
株式会社ネオマーケティング

電子書籍に関する調査

住まい・暮らし

20歳~49歳の男女600人に聞いた

「電子書籍に関する調査」

紙書籍の読書量 1年前と比較し「変化なし」60.2%。一方、電子書籍も51.0%が増加傾向。読書離れは進んでいない!?電子書籍サイト・アプリを選ぶ際、重要視するものは「無料作品の多さ」


総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なってお ります。今回2015年1月29日(木)~2015年1月30日(金)の2日間に、直近3年以内に電子書籍を読んでいる20代~40代の男女600人を対象に「電子書籍」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

調査背景

2月17日は電子書籍の日です。現在、漫画アプリのテレビCMが頻繁に放映され、電子書籍も身近なものになったのではないでしょうか。専門端末だけではなく、スマートフォンで気軽に利用できるサイトやアプリが増えたことにより、利用頻度も増加したのではないしょうか。そこで今回は「良く読む本のジャンル」や「読書の頻度」などを電子書籍と紙書籍を比較して調査を行ないました。
報道の一資料として、ぜひご活用ください。

調査概要

  1. 調査の方法:株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
  2. 調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、直近3年以内に電子書籍を読んでいる全国の20歳~49歳の男女
  3. 有効回答数:600名
  4. 調査実施日:2015年1月29日(木)~2015年1月30日(金)

「電子書籍に関する調査」 主な質問と回答と一部抜粋

◆読書頻度は?

電子書籍の漫画・雑誌を「ほぼ毎日読む」17.8% 紙書籍の漫画・雑誌は21.4%
電子書籍の漫画・雑誌以外を「ほぼ毎日読む」15.2%、紙書籍の漫画・雑誌以外は23.5%
電子書籍、紙書籍関わらず、読書頻度が高い方は媒体を選ばず読書をする傾向にあることが判明

◆どの端末を使用して電子書籍(漫画、雑誌を含む)を読む?

第1位「Android/Google」25.5%
第2位「iPhone/Apple」23.3%
第3位「kobo/楽天」19.7%

1年前と比較し、読書量はどの程度変化したかお答えください。

20170419_001

リリース・ローデータ・GT表は、下記より無料でダウンロードいただけます!(一部の調査を除く)

リリース・ローデータ・GT表をダウンロードリストに追加ダウンロード済
関連する独自調査レポート
電子書籍に関する調査
ネオマーケティングへのお問い合わせ

ご相談やお見積もり、資料請求はお電話かフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

03-6328-2881

お問い合わせフォーム