ネットリサーチ事例

ネットリサーチを実施した事例をご紹介します。

ネオマーケティングの特徴
 

調査事例CASE STUDY

化粧品メーカー様

広告施策の一環として、電車内のディスプレイで動画広告を配信している。消費者にどの程度広告が認知されているか、好感度や興味度の上昇の程度、行動喚起に結び付いているかということを確認したい。化粧品メーカー様

広告効果測定調査

広告接触、認知率の向上を測定。イメージ好感度変化、態度変容の有無を確認するため、広告の効果測定調査を実施

調査対象
一都三県 20~49歳 女性 割付なし 200サンプル
条件
指定期間に広告が掲載されていた路線を利用した方
調査結果と活用方法
広告の接触度、行動喚起度など施策の効果を確認する指標を一通り調査することで、今回の広告は費用対効果が十分にあったということが確認できた。また、調査の中で広告クリエイティブを評価させる設問を設け、次回のプロモーション戦略を検討する際の参考データを取得することができた。今後は実際の購買にどの程度結び付いたかを測定する施策が必要であると、課題を認識するに至った。

上記の料金例

アイリサーチ会員200人に10問のアンケート

¥109,000
納品物
基本集計物納品(ローデータ/GT表・GTグラフ/クロス集計表/FA)
料金詳細 対応範囲内訳
    • 基本料金
    • ¥94,000

      (10問×200s)

    • スクリーニング費用
    • ¥50,000

      (2問×5000s)

  • 原案に基づいた調査票提案、監修
  • アンケート画面作成
  • アンケート配信
  • データチェック・集計
 

調査事例2CASE STUDY

お菓子メーカー様

自社商品のブランドイメージに変化が起きているような気がするが、どのようなイメージを持たれているのかを知りたい。また、どの層に認知が高いのかも把握して、来期のマーケティング施策の基礎データとして活用したい。お菓子メーカー様

ブランド調査

消費者がイメージする自社ブランドと認知を測定。状況を総合的に把握するためブランド調査を実施。

調査対象
全国 20~60代 男女 割付あり 1000サンプル
条件
指定の菓子商品ジャンルを購入し、喫食することがある方
調査結果と活用方法
自社が思っているブランドイメージと消費者が持つブランドイメージのズレを把握する事が出来たため、今後打ち出していく商品イメージの方向性の検討材料となった、また、競合商品イメージと被らないようなポジショニングも把握できる重要なデータとなった。

上記の料金例

アイリサーチ会員1000人に30問のアンケート

¥797,000
納品物
基本集計物納品(ローデータ/GT表・GTグラフ/クロス集計表/FA) 簡易レポート作成
料金詳細 対応範囲内訳
    • 基本料金
    • ¥586,000

      (30問×1000s)

    • スクリーニング費用
    • ¥70,000

      (5問×10000s)

    • レポート作成費用
    • ¥141,000
  • 原案に基づいた調査票提案、監修
  • アンケート画面作成
  • アンケート配信
  • データチェック・集計
  • 簡易レポート作成(各設問のGTグラフ、簡易コメント)