総合マーケティング支援事業でお客様の仕事を“もっと”面白くする会社 リサーチ・市場調査なら株式会社ネオマーケティング NEO MARKETING INC.

アイトラッキング

視線の動きから人間心理と行動を読み取ります。

ネオマーケティングの特徴
 

アイトラッキングとはABOUT

被験者の視線をトラッキングすることで、従来のアンケートやインタビューからは把握しにくかった、感覚的な行動や意識されにくい行動を読み取る調査手法です。「どこを・どのくらい・どのように」注視したか、しなかったのか、ということを明らかにします。例えば、店頭の商品陳列やWebサイトのデザインなどにおいて、視線の動きから人間心理と行動を読み取り、どのように改善すればよいのか導き出します。

実際の活用方法例

WebサイトのUI/UX改善に

アイトラッキングの一般的な例として、Webサイトのユーザビリティ調査の一環として取り入れられています。画面を見ている時の視線の動きを把握することで、見られやすい箇所に重要なコンテンツを設置したり、操作で迷った箇所の視線観察からバナーの位置を変更したりとサイト改善につなげることができます。

行動観察として

人が特定の動作を行う時、「なにを」「どの程度」見ているかというデータを製品・サービスの開発や改善に役立てることができます。運転中のドライバーの視点や、熟練者が注意を向ける場所等を把握することで、製品のアップデートや人材教育の面でも活用されています。

パッケージなどのデザイン調査に

商品パッケージや印刷物について、どの部分がよく見られているか等を把握することができます。実際の店頭でアイトラッキング調査を行うことで、売り場での視線の動きも計測することができます。

 

特徴FEATURE

ネオマーケティングのアイトラッキング最大の特徴は、脳科学の専門家による”本当の意味で使える”アイトラッキング調査を、適正価格でご提供していること、そして、他の調査手法と組み合わせることができるノウハウを有していることです。

専門家がしっかり分析
専門家がしっかり分析

アイトラッキング調査は、得られた視線データを適切に解析・分析するノウハウが必要です。調査設計段階から納品物のアウトプットまで、企業・大学の研究機関で脳科学や脳工学の研究開発に従事した専門家が担当します。

他調査とのシナジーをご提案
他調査とのシナジーをご提案

他の調査手法と組み合わせて実施することで、更に有効な調査となります。例えば、店舗での商品選定~購入までの視線データとインタビューを掛け合せることで、実際の行動と行動に対する自己認識の差に着目して、消費者理解を深めます。

適正価格で品質保証
適正価格で品質保証

アイトラッキング調査は専用機器の使用と心理学的・脳科学的な高度なデータ解析が要されます。そのため高額な調査になりやすい傾向がありますが、一貫して調査を実施することにより、品質を保証したうえでの最適価格で提供しています。

アイトラッキングの調査デバイス

アイトラッキングに用いる機器は2種類あります。主にパソコン画面を使用した調査の際に用いる「据え置き型」と移動を伴う調査の際に用いる「メガネ型」があり、調査目的や調査対象に応じて使い分けます。

 

調査事例CASE STUDY

小売店様

消費者が商品の売り場でどのように行動しているのか、また実際に見ているのはどこなのか把握することで、店頭で商品がより選ばれやすくなる陳列を検討したい。小売店様

店頭でのアイトラッキング調査

眼鏡型アイトラッカーを装着し店頭商品陳列棚におけるアイトラッキング調査を実施(測定のみ)

調査対象
スーパーマーケットで月に1回以上ヨーグルトを購入する人 10名1グループ
条件
一都三県 20~40代女性

上記の料金例

1人1時間の調査を想定

¥641,200
納品物
ローデータ ゲイズプロット、ヒートマップ、AOI
対応範囲によって、料金は変動します。料金詳細はぜひお気軽にお見積りください。
 

調査実績RESULTS

ウェブサイトのデザインやユーザビリティ評価をはじめ、パッケージデザイン、商品陳列棚、実店舗行動、メニュー・カタログ、接客(コミュニケーション)、技能伝承、事故・安全対策、品質検査・管理、交通標識、屋外広告、スポーツ、エンターテインメント(ゲームやパチンコ)等、多岐にわたります。

ウェブサイトに関する調査実施例(抜粋)
  • ディスプレイ広告やリッチ広告の配置・コンテンツ評価
  • ECサイトの視線行動・行動導線の把握(会員登録、購買行動)
  • ECサイトの商品陳列デザインの最適化
  • 海外サイトの日本導入の最適化
  • キャンペーンページのデザイン・訴求価値の評価
  • ECサイトの視線行動・行動導線の把握(会員登録、購買行動)
  • 自社・競合ブランドサイトの比較評価
  • スマートフォンアプリのユーザビリティ調査
店頭・棚割り・POPに関する調査実施例(抜粋)
  • 店舗内外の広告・販促物(POP、キャンペーンなど)の効果測定と評価
  • 商品陳列レイアウト(棚割り)の評価
  • 商品パッケージや什器の新デザイン評価
  • 購買行動中の視線行動・行動導線の把握
  • キャンペーンページのデザイン・訴求価値の評価
  • 自動販売機の商品パッケージ・商品陳列・POPの評価
  • 接客態度の評価

調査の流れFLOW

アイトラッキング調査は基本的に以下の流れで進行します。

1

お打合せ・ヒアリング

課題・目的のヒアリングから、調査の詳細な仕様まで、アイトラッキング調査の専門家が訪問し、一緒に調査を設計していきます。

2

対象者選定用のスクリーニング調査の実施

ご希望の調査対象者を抽出するためのスクリーニング調査を実施します。そのための調査票や画面作成等は弊社が作成して確認していただく形をとります。

3

リクルーティング

実際にアイトラッキング調査に参加してもらうモニターを、弊社でリクルーティングします。

4

アイトラッキング調査実施

調査に必要なアイトラッキング機器をはじめ、資材や調査員の手配も弊社で行います。調査会場によっては当日の調査を見学することも可能です。

5

ご納品

先に調査時に撮影された静止画や動画のマッピングデータを納品します。調査時間の長さにもよりますが、通常調査後、3~4営業日で解析が完了します。ご希望がある場合は簡易レポート、またはより詳細な分析レポートを納品します。

 

納品物

アイトラッキング調査は通常のリサーチ納品物と異なります。これらのアウトプットを、企業・大学の研究機関にて脳科学、脳工学の研究開発に従事した専門家が作成いたします。その他にも詳細な分析レポートをはじめ、ご希望に応じた納品物をご提供します。