RESEARCH会場調査(CLT)
当社の会場調査(CLT)事業についてご紹介いたします
キービジュアル

会場調査(CLT)専門チームによるトータルサポート

準備から報告まですべてお任せください

ネオマーケティングの特長

    • 若年層の
      モニターが充実

      10代~20代前半※学生含む のモニターが充実しています。

      約327万人(提携含む)のモニターを保有しており、出現率の低い調査対象者もリクルーティングいたします。機縁法との併用も対応いたします。

    • 精度の高い
      リクルーティング力

      さまざまな条件で協力的な調査対象者を抽出可能です。

      リクルーティング専門のコールセンターを社内に完備しており、候補者全員にアンケートで得た情報を電話で再度確認しますので、対象条件と合致した方のリクルーティングを実現いたします。
      また、急なスケジュール変更等にも対応可能です。

    会場調査(CLT)参加依頼者について

    対象者リストからお客様で選べます。
    事前に対象者リストを送りますので、お客様ご自身で参加依頼者を選定していただくことも可能です。

    参加者選定のイメージ

    • トータルサポートで
      課題を解決

      調査の企画・設計から実査後の報告書作成まで対応可能です。

      調査の企画、設計から、会場手配、会場レイアウトイメージ、協力者への出欠確認、実調査、報告書(納品物)と一貫して対応が可能なのでやりとりがスムーズに行えます。

    • 目的に応じた
      会場・設備を用意

      弊社、調理設備や商品棚を完備した会場等で調査が可能です。

      調査会場が対象者を呼集しやすい立地にあるため、休日はもちろん、平日もビジネスマン・OLを呼集できます。
      弊社会場は明るく広いスペースで、インタビュールームも併設しているため、定性の複合調査も可能です。

    準備から報告まですべてお任せください

    • 企画準備

      • 調査票の企画立案・作成
      • モデレーターアテンド
      • 会場手配
      • インタビューフロー作成
      • モニターリクルート
    • 実査

      • 受付業務
      • モデレーション
      • 録音、録画
      • 謝礼支払い
      • ブリーフィング
    • 分析・報告

      • レポート作成
      • 発言録納品
      • 調査結果報告

このような目的でご利用いただいています

    • 基準で評価
    • いくつかのパッケージ案から「好感度が高いもの」等の基準で評価してもらう。

    • コンセプト案を評価
    • ターゲット層に、新商品のコンセプト案を評価してもらう。

    • 食品を食べて評価
    • 試作段階の食品を実際に食べていただき、評価してもらう。

    • コンテンツを評価
    • 動画等のコンテンツを実際に見ていただき、評価してもらう。

  • 具体例

    • テイストテスト(試食・試飲調査)
    • 試用調査
    • 新商品評価調査
    • 競合商品比較調査
    • 広告評価調査
    • デザイン評価調査
    • コンセプト評価調査
    • ユーザビリティ調査
    • アイトラッキング調査
    • 嗜好評価

導入事例:オリジナル商品企画販売会社のケース

  • 依頼内容

    新商品ポテトチップスの味付けとパッケージデザインが、未完成。消費者が思わず手を伸ばすブランディングをしてほしい。

    企業データ

    創業60年の老舗菓子メーカー。数々のヒット商品を生み出しており、知名度もある。

    事業内容=菓子製造販売事業/従業員数=不明

    背景

    大手老舗菓子メーカーから発売されている、とあるポテトチップス。伝統の製法で作られた絶妙な堅さとこだわりのおいしさが巷で評判を呼び、発売から約1年半が経過した今でも多くの人に親しまれている主力商品だ。このヒットの裏側に……NEOの存在があった。

    担当者

    ネオマーケティング
    人材開発本部
    K・H

  • “発売前”のリスクを防ぐために、モニターと守秘義務契約を結び、会場調査を実施

    当時、競合他社の類似商品がすでに存在していた市場で、どのようにしたらヒットを飛ばせるだろうか?
    NEOが提案したのは、発売前の商品のリスク――未発表の情報の拡散を防ぐことに適した、会場調査だった。
    NEO独自のノウハウ、NEOが持つ沖縄なはマーケティングラボ(通称:なはラボ、コールセンター)の高精度のリクルーティングなどで的確なモニターを集め、サンプル品を前に、試食やパッケージとネーミングの考察を重ねる。そして、どの組み合わせが消費者視点で一番興味をそそり、購入したくなる商品なのか、競合他社の商品と比較をしながら、数値データも用いて、徹底的に調べ上げた。

    ネオマーケティングの手法

    ①独自のノウハウに基づいたフィールド調査

    ②自前のコールセンターによるリクルーティング

調査事例

  • 食品メーカー様

    120サンプル

    • 30~60代の女性(主婦)
    • 特定の商品を普段使用されている方
    • 週に4回以上、夕食を調理される方

    ※年代および特定商品で割付

    実査について

    実際にスーパーの陳列のように商品棚を設置し、クライアント製品、競合品を含め、陳列棚を再現し、「目立つもの」「買いたいもの」等を聴取しました。

    販売予定製品単体のパッケージ評価および、既製品のリニューアル複数案の相対評価のブースも作成し評価しました。

    所要時間:30分

  • 化粧品メーカー様

    100サンプル

    • 20~30代 女性
    • 自身でシャンプーを選定し購入している方
    • 使用しているブランドにて3割付

    実査について

    会場の広さを活用し、絶対評価を行うために、独立のブースを5つ設置することで、ブースごとに距離を置き、他の製品が確実に見えないようにして評価の質を担保しました。

    被験者ごとにパッケージを見せる順を変え、ランダマイズ(ローテーション)を実施し、見せる順番による評価の偏りをなくしました。

    所要時間:30分

  • 食品メーカー様

    100サンプル

    • 30~50代の女性
    • 特定商品を月に1回以上購入し、使用している方
    • 食品アレルギーがない方
    • メニューイン使用する食材が苦手でない方

    実査について

    調理を必要とする実査のときは、時間枠ごとに味の偏りが出ないようにする為に、調理方法、作業環境、調理をしてから提供するまでの時間、具材の分配を統一しました。

    事前にレシピを提供していただき、当日の実査スタート前に、調理の再現、確認をしていただくことで、味の調整をおこないました。

    所要時間:30分

会場調査(CLT)とショートインタビューの組み合わせ事例

実施例:ペットボトル飲料 パッケージ評価

期間:1日(10:00~19:00) 実施人数:50名 インタビュー実施回数:4回(1回あたり5~6名)
期間:1日(10:00~19:00)
実施人数:50名
インタビュー実施回数:4回(1回あたり5~6名)

実施内容

  • シェルフ調査

    CLTルームにて、シェルフ調査や、単品評価、試飲調査などを実施。定量的に情報を収集いたします。

    ※シェルフ調査では目立つ商品、手に取りたくなる商品、最も購入した商品等を選んでいただきます。
    ※単品評価にてパッケージの気になった点、目立つと感じた点などを聴取します。

  • アンケート

    別室にて、アンケートの内容を確認いただきます。

    特定の項目で悪い評価をしていた方、気になるコメントをしていた方などを抽出します。

    ※グループインタビューまたは、個別インタビューどちらとも実施することが可能です。

  • インタビュールーム

    インタビュールームにて先ほど抽出した方に対して、ショートインタビューを実施し、会場調査での評価や、コメントについて、意見の深堀を行います。

    ※インタビュールーム内に、会場調査と同様のシェルフを設置することも可能ですので、被験者が、会場調査で評価した際の気持ちを思い出しながらインタビューに参加することが可能です。

弊社運用の会場ご案内

  • 見取り図

  • ネオマーケティングでは、同一フロア内に、会場調査、グループインタビュー、個別インタビューが行えるスペースがございますので、移動のお手間なく、スムーズに複合調査が可能です。

  • 会場調査(CLT)ルーム

    会場調査(CLT)ルーム

  • モニタールーム

    モニタールーム

  • インタビュールーム

    インタビュールーム

納品イメージ

  • スクリーニング結果

    「モニターリクルーティング」の際に実施するスクリーニング(予備調査)の結果をまとめてお納めいたします。

    ※GT表(単純集計表)でのご納品になります。
  • 調査参加者リスト

    「モニターリクルーティング」を行い、最終的に調査にご参加いただくことになったモニターの基本情報をリストにしてお納めいたします。

  • 質問票

    調査参加者から調査目的に沿った回答を引き出すために設計する質問表をお納めいたします。

  • 発言録

    調査実施時の、調査参加者の発言をまとめてお納めいたします。

    発言録

    ※このデータはサンプルイメージです。
  • 分析レポート

    調査により収集した調査対象者の生の声を、社会学・統計学を熟知した経験豊富なリサーチャーが分析し、レポートとしてお納めいたします。

    分析レポート

    ※このデータはサンプルイメージです。

オプション:ご報告書(調査レポート)

  • 調査レポートイメージ
  • 調査によって得られた集計・分析データに、詳細な解説を加え、レポートとしてご提供いたします。

    ※グラフイメージは一例です。
    ※設問形態、分析内容によってアウトプットの形状は変わることがあります。

スケジュール

1日目

Movie

概要・スクリーナー入稿

Picture

募集画面監修・確認依頼

Movie

ご確認・ご確認完了連絡

Picture
  • 募集画面作成
  • 応募者データ回収
  • 一次リスト送付 ※個人情報を除く

3日目

Movie

ご確認・選定・選定結果お戻し

4~6日目

Picture
  • 個別リクルート
  • 条件確認・地図送付
  • 参加確定者リスト作成
  • 参加者リスト納品 ※個人情報を含む
Movie

参加者リスト受取

7日目

Picture

前日参加依頼

よくある問い合わせ

会場調査(CLT)とは。

CLTとは、「Central Location Test」の略です。あらかじめ設定しておいた会場に調査対象者を集め、新製品や改良品、または広告等についての評価・感想を得る調査手法です。
ひとつの会場に集めて実施するため、同一環境下で評価が得られる、情報漏えいを防止しやすい環境で行えます。

会場調査のイメージ

会場調査(CLT)のメリット、デメリットを教えてください。

メリット

  • 対象者に豊富な情報・マテリアルを提示することが可能であり、提示物に対する率直な意見を得られやすい。
  • データ収集・分析にかかる時間も、他データ収集法と比べて、相対的に短時間ですむため、迅速な意思決定のためのデータ収集にも適している。
  • 比較的短期間で実査が行える。
  • 同一環境下で評価が得られるため、バイアス(偏り)を排除できる。
  • 機密性の高いテストプロダクトやパッケージ、コンセプトの調査が可能。

デメリット

  • 会場の手配・設営、対象者への提示物の準備といった、運営上の手間がかかる。
  • 普段の生活の中のように、リラックスした状況で評価を得ることが難しい。
会場調査(CLT)実施の際に何をご対応いただけますか。

会場調査(CLT)専門チームによる調査の企画設計・会場手配・レイアウト設定・調査員手配・実査・集計・報告書作成・報告会などトータルサポートいたします。

会場調査(CLT)を見学できますか。

はい、もちろんです。できればインストラクチャーのご同席も是非お願いしたいです。会場設営時に指示いただくことや、1ターム後にオペレーション振り返りミーティングにご同席いただくケースも多くございます。また検票後の原票をその場でご確認いただくことも可能です。

会場調査(CLT)のストリートキャッチとプレリクルートはどのような違いがありますか。

ストリートキャッチのメリットは短時間で低価格で調査が可能です。デメリットは場所が限定されることと調査時間を長く設定することができない点です。
プレリクルートのメリットは地域の限定がなく、条件を細かく設定したリクルートを実施し、時間をかけた調査が可能な点です。デメリットはストリートキャッチと比較すると調査までの時間がかかることと、調査対象者への謝礼に交通費が追加されるためコストが上がる点です。

会場調査(CLT)で必要なサンプル数はどれくらいですか。

基本的に調査目的によってご提案しています。
一般的に100サンプル以上あれば定量的に検証できるといわれています。

グループインタビューの調査会場は用意できますか。
  • インタビュールーム
  • はい、ございます。
    広いインタビュールームに快適なミラールームを完備しています。

会場調査(CLT)への参加者リクルートは何日前に依頼が必要ですか。

案件によって異なりますが、10日~2週間程度の期間をいただいています。

会場調査(CLT)のリクルート実績はどのくらいですか。
過去3年間で約300件程度の実績があります。