INVESTIGATION独自調査レポート
独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート
PRESS RELEASE
2015-01-20 火曜日
株式会社ネオマーケティング

結婚生活に関する調査

結婚して3年未満、もしくは10年以上の全国の男女400人に聞いた

「結婚生活に関する調査」

付き合って3年以内に結婚 6割以上。プロポーズの決め手は「相手の年齢」より「自分の年齢」が上位に。結婚してよかったと感じるときは「何気ないとき」


総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なってお ります。今回2015年1月8日(木)~2015年1月9日(金)の2日間に、既婚者かつ結婚して3年未満、もしくは10年以上の男女400人を対象に「結婚生活」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

調査背景

1月は「夫婦」に関する記念日が続く月です。日本の新聞紙に初めて求婚広告が掲載された1月27日は「求婚の日」、そして日本愛妻家協会によって制定された1月31日は「愛妻家の日」です。そこで今回は、結婚して3年未満、もしくは10年以上の方に対し、「どれくらいの期間お付き合いをして結婚したか」「プロポーズをしようと思った決め手」など、「結婚生活」をテーマにした意識調査を行ないました。
報道の一資料として、ぜひご活用ください。

調査概要

  1. 調査の方法:株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
  2. 調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、現在、既婚者かつ結婚して3年未満、もしくは10年以上の男女
  3. 有効回答数:400名
  4. 調査実施日:2015年1月8日(木)~2015年1月9日(金)

「結婚生活に関する調査」 主な質問と回答

◆どれくらいの期間お付き合いをして結婚した?

第1位「1年~3年未満」39.5%
第2位「1年未満」26.5%・第3位「3年~5年未満」16.8%と82.8%が5年以内に結婚へ。

◆何人目のお付き合いをした方と結婚した?

「3人目」が最も多く19.8%、次いで、「2人目」17.0%
3人目までに結婚したという方が合計52.8%と半数超え。

◆プロポーズをしようと思った決め手は?

「自分の年齢」、「付き合い始めてからの期間」、「相手の年齢」という順位に。

あなたは配偶者に言えない秘密がありますか。

20170419_001

Q1. あなたは、現在の配偶者とどれくらいの期間お付き合いをして結婚しましたか。(単数回答)【n=400】

20170419_001
どれくらいの期間お付き合いをして結婚をしたかをお聞きしたところ、最も多い回答は「1年~3年未満」となり39.5%の方が回答しました。次いで、「1年未満」26.5%、「3年~5年未満」16.8%となり合計82.8%が5年以内に結婚していることがわかりました。長期間のお付き合いの末、結婚というのは難しいのでしょうか。

Q2. あなたの配偶者は、何人目のお付き合いをした方かお答えください。(単数回答)【n=400】

20170419_001
お付き合いをして何人目の方と結婚したかをお聞きしたところ、全体では「3人目」が最も多く19.8%となりました。次いで、「2人目」17.0%という結果となっています。3人目までに結婚したという方が合計52.8%と半数を超えています。一方、「10人目以上」と回答した方も4.5%いらっしゃいました。また、「覚えていない」という方も16.8%と多くいます。結婚年数と性別で比較をしてみると、結婚10年以上の女性は「1人目」と回答した方が他と比較して多く23.0%となりました。

Q3. あなたは、結婚する際にプロポーズをしましたか。(単数回答)【n=400】

20170419_001
プロポーズをしたかをお聞きしたところ、結婚3年未満の男性は78.0%が「した」と回答したのに対し、結婚10年以上の男性は63.0%と15ポイントの差をつける結果となりました。また、女性も結婚3年未満の方が18.0%、結婚10年以上が12.0%と『逆プロポーズ』をした方が1割を超えています。

Q4. あなたがプロポーズをしようと思った決め手をお答えください。(複数回答)【n=171】

20170419_001
プロポーズをしたと回答した171名に対し、プロポーズをしようと思った決め手をお聞きしました。すると、全体では「自分の年齢」と回答した方が最も多く、37.4%となりました。男女で比較すると、母数が違うものの「自分の年齢」と回答した男性は41.1%に対し、女性は20.0%となっています。また、「相手の年齢」が全体で31.6%となり、プロポーズをされる側の年齢よりもする側の年齢が決め手となった方が多いことがわかりました。その他の意見としては「転勤が決まったので」と回答した方が多くいらっしゃいました。

Q5. あなたは現在、配偶者に対する愛情がどの程度ありますか。(単数回答)【n=400】

20170419_001
現在、配偶者に対する愛情がどの程度あるかをお聞きしたところ、結婚年数、性別で大きな差が出る結果となりました。全体では35.5%が「とても愛情がある」と回答しました。「とても愛情がある」と最も多く回答したのは、結婚3年未満の女性で53.0%と半数を超える方が回答しています。しかし、結婚10年以上の女性は14.0%のみが回答し39ポイントマイナスとなっています。男性も、結婚3年未満が44.0%に対し、結婚10年以上は31.0%と、減少しているものの13ポイントマイナスとなりました。結婚生活を重ねると、女性の愛情は大きく減少するのでしょうか。

ダウンロードリストに追加ダウンロード済
関連する独自調査レポート
共働き夫婦の新三種の神器 家電に関する調査
ネオマーケティングへのお問い合わせ

ご相談やお見積もり、資料請求はお電話かフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

03-6328-2881

お問い合わせフォーム