QUALITATIVE RESEARCH定性調査一覧

What’s Qualitative research?定性調査とは?

定性調査とはインタビュー形式で1 人の意見を深堀りし、「ことば」から情報を得る調査です。
通常、 数値で分析する定量調査と異なり、 1人について行動の詳細、価値観、意見、心理、感情などを詳細に知ることを目的とします。
選択肢式の調査では把握できない詳しい意見や理由、感情を深堀し、顧客のインサイトにたどり着くために活用できます。
課題解決の糸口を探りたいとき、消費者の行動や心理の背景となる事柄を探りたいとき、新製品のアイデアやコンセプトを創るときなど、
主には仮説の構築や改善をするために活用します。そのため、仮説を検証するための定量調査とは補完関係にあるといえます。
グループインタビュー、デプスインタビュー、訪問観察調査などが該当します。

Featureサービスの特徴

  • 1

    仮説の構築、アイデア発見に適している

    定性調査は得られる情報量が多く、問題点や課題解決の糸口を探ったり、アイデアのヒントを得たりするときに適した調査手法です。 今あるものの改善、ゼロからイチを作り出す時の参考データを得ることができます。 定性調査で得られる情報は、対象者の発言内容、発言時の表情や声質、対象者自身の服装や雰囲気、生活環境の状態など、 あらゆる情報を含みます。それらの情報を様々な角度から分析することで、ターゲットの嗜好や属性、課題への施策案、今あるアイデアの改善案などの 仮説の構築へとつながります。

  • 2

    行動や心理の背景を探ることで、顧客理解を深められる

    定性調査の大きな特徴は、一人の意見を深堀することで顧客への理解を深められることにあります。 技術の進化によって、行動や事象の変化の一部は追うことが可能になってきています。 しかし、その背景にある理由や感情を知るためには、その人への詳細なヒアリングが必要です。 事前に決めた内容しか聞けない定量調査と異なり、1つ1つの行動や発言に対して、その都度背景にある「なぜ?」を追求することができます。 1人1人の「なぜ?」を深堀してターゲットに対する理解を深めることが、顧客の望みに沿った施策を打つことに直結します。