INVESTIGATION独自調査レポート
独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート
PRESS RELEASE
2017-05-31水曜日リリース
株式会社ネオマーケティング

2017年 食品購入に関する生活者意識調査

食品・飲料

全国の20歳~69歳の男女1000人に聞いた

「2017年 食品購入に関する生活者意識調査」

買いたいと思う国産の食材は?前年に続き「牛乳」94.8%が第1位
約9割が「食品の安心・安全にはコストがかかるものだ」と回答!


リリース・ローデータ・GT表をダウンロードリストに追加ダウンロード済

総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回2017年3月29日(水)~2017年3月30日(木)の2日間、全国の20歳~69歳の男女1000人を対象に「食品購入」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

調査背景

アメリカがトランプ政権になり、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)から離脱すると表明しました。しかし、ニュージーランドが、日本に次いで2か国目のTPP国内手続きを終えるなど、TPPに関するニュースは絶えず報道されています。目まぐるしく変化する報道により、消費者の気持ちにどのような変化があるのでしょうか。そこで今回、「食材や食料品を購入する際に重視すること」や「日本の食品・食材はどのようにして安心・安全が守られてきたと思うか」など「食品購入」に関する調査を行ないました。報道の一資料として、ぜひご活用ください。

調査概要

  1. 調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
  2. 調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、全国の20歳~69歳の男女を対象に実施
  3. 有効回答数:1000名(20代・30代・40代・50代・60代の男女:各100名)
  4. 調査実施日:2017年3月29日(水)~2017年3月30日(木)

「2017年 食品購入に関する生活者意識調査」主な質問と回答と一部抜粋

◆日本の食品・食材はどのようにして安心・安全が守られてきたと思う?

「農家や農協、行政などの努力によって」65.2%、「制度や法律によって」57.3%。

◆輸入食品・輸入食材全般に対し不安に思うことは?

「農薬」62.9%、「添加物」57.2%等。
「特になし」は8.6%に留まる結果に。

◆日本で売られている牛乳(種類別「牛乳」)が100%国産であることは?

「意義があることだと思う」合計86.0%が回答。

◆あなたが、次の食材それぞれについて、国産を買いたいと思うものをお選びください。

前年に続き、「牛乳」が94.8%で第1位となった。

20170419_001

リリース・ローデータ・GT表は、下記より無料でダウンロードいただけます!(一部の調査を除く)

リリース・ローデータ・GT表をダウンロードリストに追加ダウンロード済
関連する独自調査レポート
TPPと食品購入に関する生活者意識調査 食品の産地に関する調査
ネオマーケティングへのお問い合わせ

ご相談やお見積もり、資料請求はお電話かフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

03-6328-2881

お問い合わせフォーム