INVESTIGATION独自調査レポート
独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート
PRESS RELEASE
2016-02-24 水曜日
株式会社ネオマーケティング

電力自由化に関する調査

全国の20歳以上の男女1500人に聞いた

「電力自由化に関する調査」

新電力会社への乗り換え本格的に検討7.5%、情報収集中39.3%!比較や手続きに不安や戸惑い。求めるものは「価格の安さ」と「安定供給」


総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回2016年1月21日(木)~2016年1月24日(日)の4日間に、全国の20歳以上の男女1500人を対象に「電力自由化」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

調査背景

2016年4月に、電気料金の引き下げや電気事業における資源配分の効率化を進めることを目的に、家庭などに向けた電力小売りが全面的に自由化されます。様々な業種の企業が新規参入を表明する中、電力自由化に関してどのくらい認知・理解し、何を求めているのでしょうか。そこで今回は全国の20歳以上の男女を対象に「電力自由化に関する興味・関心度やイメージ」や「新規電力会社への乗り換え意向」など「電力自由化」に関する調査を行ないました。報道の一資料として、ぜひご活用ください。

調査概要

  1. 調査の方法:株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
  2. 調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、全国の20歳以上の男女
  3. 有効回答数:1500名
  4. 調査実施日:2016年1月21日(木)~2016年1月24日(日)

「電力自由化に関する調査」主な質問と回答

◆新電力会社に求めるものは?

全体で88.9%の方が「価格の安さ」と回答。
年代別では50代が90.0%と最も多い結果に。

◆新電力会社への乗り換えを検討していますか?

「本格的に検討している」7.5%、「検討はしていないが、情報収集をしている」39.3%という結果に。

20170419_001

Q1. あなたは、電力自由化を知っていますか。(単数回答)【n=1500】

20170419_001
2016年4月に家庭などに向けた電力小売りが自由化されますが、どのくらいの方が知っているのでしょうか。電力自由化を知っているかをお聞きしたところ、全体で「制度と参入する企業名について知っている」と回答した方が9.6%、「制度と参入するであろう企業の業種は知っている」と回答した方が20.7%と合計30.3%の方が知っていると回答しました。契約している電力会社別で比較すると、知っている計が最も高いのは「東京電力」48.0%、知っている計が最も低いのは「東北電力」19.3%と28.7ポイント差がつく結果となりました。

Q2. 電力自由化を知っている、または聞いたことがあるとお答えの方にお聞きします。あなたは電力自由化について、どこで知りましたか。(複数回答)【n=1370】

20170419_001
電力自由化について知っている、または聞いたことがあるとお答えの方に、どこで知ったかをお聞きしました。20代・30代は他年代と比べ「インターネット【パソコン】」と「新聞の記事/広告」の差が大きく、60代以上は他年代と比べ「ラジオ」の割合が高いなど各年代で特徴はあるものの、全ての年代で最も多かった回答は「テレビ番組/テレビCM」となり、全体で76.8%、次いで多かった「インターネット【パソコン】」32.7%と比べ44.1ポイント差と「テレビ番組/テレビCM」を通して知った方が圧倒的に多いことがわかりました。

Q3. 電力自由化を知っている、または聞いたことがあるとお答えの方にお聞きします。
あなたが電力自由化について知っていることをお答えください。(複数回答)【n=1370】

20170419_001
電力自由化を知っている、または聞いたことがあるとお答えの方に、電力自由化について知っていることをお聞きしたところ、全体で最も多かった回答は「電力会社の選択肢が増える」85.8%、「既存の電力会社も割引が生まれる」43.4%、「電力と他サービス(ガス等)のセット販売が始まる」と「2016年の4月から始まる」が同率で39.1%となりました。年代別でみると、20代・30代では「電力と他サービス(ガス等)のセット販売が始まる」よりも「2016年の4月から始まる」の方が高く、60代以上は「既存の電力会社も割引が生まれる」50.7%よりも「電力と他サービス(ガス等)のセット販売が始まる」51.1%の方が高い結果となり、年代によって認知している内容に差がつきました。

Q4. あなたは電力自由化について、どの程度興味がありますか。(単数回答)【n=1500】

20170419_001
電力自由化への興味をお聞きしたところ、全体で「興味がある」、「やや興味がある」と合計62.3%が回答しました。年代別で興味がある計を比較すると、60代以上が最も高く69.3%、次いで40代が64.1%、最も低かったのは20代が51.0%という結果となりました。

Q5. あなたは、電力自由化についてどのような印象・イメージを持っていますか。(複数回答)【n=1500】

20170419_001
電力自由化についてどのような印象・イメージを持っているのかをお聞きしたところ、全体では「各社の料金やサービスの比較が複雑そう」と答えた方が31.9%で最も多く、次いで「電気料金が安くなりそう」29.7%、「会社・プランを選ぶのが面倒そう」28.9%という結果となりました。電気料金が安くなると感じつつも、料金比較や手続きに不安や面倒だと感じている方が多いようです。年代別でみると、20代は「自分にはあまり興味がない」と答えた方が24.5%で第3位となっています。40代は「悪質な会社が増えそう」と答えた方が23.0%と料金比較や手続き以外への不安を抱く方も多いことがわかりました。

Q6. あなたが、下記の中から知っている新電力会社をすべてお答えください。※企業名として知っているものではなく、新電力会社として知っている企業名をお答えください。(複数回答)【n=1500】

20170419_001
2015年7月時点で700社以上が電力事業に新規参入すると表明している中、どの企業が新電力会社として認知されているのでしょうか。知っている新電力会社をお聞きしたところ、東京電力との業務提携をした「ソフトバンク」が46.3%で第1位、次いで「KDDI」39.7%と通信会社が上位2位を占めました。3位以降は「東京ガス」38.1%、「大阪ガス」が29.3%とガス会社が続く結果となりました。Q2でテレビ番組やテレビCMで電力自由化を知った方が多いとわかりましたが、セット割のCMなども通信会社やガス会社の認知に影響しているかもしれません。

Q7. 現在、毎月または隔月で支払っているサービス料金の中で、電気料金とセットになると嬉しいものをお答えください。(複数回答)【n=1500】

20170419_001
前問では新電力会社として通信会社、ガス会社の認知が高いことがわかりました。多くの新電力会社からセット割プランも出ていますが、どの支払いがセットになって欲しいと思っているのでしょうか。現在支払っているサービス料金の中で電気料金とセットになると嬉しいものをお聞きしたところ、「ガス料金」が48.4%で第1位、第2位「インターネット料金」42.0%、第3位「水道料金」41.7%という結果となりました。

Q8. あなたが、新電力会社に求めるものをすべてお答えください。(複数回答)【n=1500】

20170419_001
新電力会社に求めるものをお聞きしたところ、全体で最も多い回答は「価格の安さ(価格競争)」88.9%となりました。「価格の安さ(価格競争)」を年代別で比較すると、50代が最も多く、90.0%の方が価格の安さを求めていることがわかりました。年代別で最も回答の差が開いた項目は「原発以外の電力供給」で、20代が15.2%、60代以上が30.0%と14.8ポイントの差がつく結果となりました。

Q9. あなたは、新電力会社への乗り換えを検討していますか。(単数回答)【n=1370】

20170419_001
電力自由化を知っている、または聞いたことがあるとお答えの方に、新電力会社への乗り換えを検討しているかをお聞きしたところ、「本格的に検討している」と回答された方は全体で7.5%、「検討はしていないが、情報収集をしている」と回答された方は39.3%でした。現在契約している電力会社別で比較すると、「検討していない」と答えた方が最も多いのは四国電力に契約している方で63.9%でした。「本格的に検討している」方は東京電力に契約している方が最も多く11.6%、「検討はしていないが、情報収集している」方が最も多いのは東北電力46.3%でした。

ダウンロードリストに追加ダウンロード済
関連する独自調査レポート
日本ブランド家電vs海外ブランド家電に関する調査
ネオマーケティングへのお問い合わせ

ご相談やお見積もり、資料請求はお電話かフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

03-6328-2881

お問い合わせフォーム