INVESTIGATION独自調査レポート
独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート
PRESS RELEASE
2015-09-16 水曜日
株式会社ネオマーケティング

訪日観光に関する調査

中国・上海在住で 3 年以内に日本へ訪れたことのある中国人 100 名に聞いた

「訪日観光に関する調査」

日本で買ってみたいお土産 女性の 79.1%が「化粧品」と回答!
中国人女性の約 8 割は親よりも自分の為にお土産を買う
日本で食べてみたい 約半数の方が「とんかつ」と回答!


総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回 2015 年 8 月 24 日(月)~2015 年 8 月 26 日(水)の 3 日間、中国の上海在住で 3 年以内に日本へ訪れたことのある中国人 100 名を対象に「訪日観光」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

調査概要

  1. 調査の方法: WEB アンケート方式で株式会社ネオマーケティングが実施
  2. 調査の対象:中国・上海在住で 3 年以内に日本へ訪れたことのある中国人を対象に実施
  3. 有効回答数:100 名(男性 57 名・女性 43 名)
  4. 調査実施日:2015 年 8 月 24 日(月)~2015 年 8 月 26 日(水)

「訪日観光に関する調査」 主な質問と回答

日本へ旅行する場合どのようなものを食べたい?
:第 1 位は「寿司」で 85.0%。第 2 位「刺身」77.0% 第 3 位「とんかつ」49.0%と意外な結果に!
ご存知の日本の世界遺産と行ってみたい日本の世界遺産?
両方とも第 1 位「富士山」、第 2 位「古都京都の文化財」となった。
日本へ旅行する場合、体験してみたいこと
第 1 位「和食の料理体験」71.0%。第 2 位「茶道体験」57.0%。
誰のためのお土産を買うか?
男性は「配偶者・恋人」「親」「自分」の順番に対し、女性は「配偶者・恋人」「自分」「親」となり男女で分かれる結果に!

Q1. あなたが、日本に旅行で訪れた回数についてお答えください。(単数回答)【n=100】

20170419_001
上海在住で 3 年以内に日本へ訪れたことのある方に、日本に旅行で訪れた回数をお聞きしたところ、「1 回」45.0%が最も多い回答となりました。「2 回以上」の方を合計すると 55.0%となり、半数以上の方が 2 回以上日本へ訪れたことがあることが分かりました。中国の方にとって日本は訪れやすい国になってきているのでしょうか。

Q2. あなたは、日本へ旅行する場合、どのようなものを食べたいですか。(複数回答)【n=100】

20170419_001
日本へ旅行する場合、どのようなものを食べたいかをお聞きしたところ、全体で最も多かった回答は「寿司」85.0%となりました。次いで「刺身」77.0%となり、日本独自の料理を食べたいようです。また「とんかつ」49.0%と全体では第 3 位となりました。世帯年収が 20 万元以上の方の約 6 割は「とんかつ」を食べたいと回答しています。世帯年収が 15 万元以下の方は「ラーメン」50.0%、15 万元-20万元以下の方は「魚料理」60.0%となっており、世帯年収によって回答が異なる結果となりました。

Q3. あなたがご存知の日本の世界遺産と行ってみたい日本の世界遺産をすべてお答えください。(複数回答)【n=100】

20170419_001
ご存知の日本の世界遺産と行ってみたい世界遺産をお聞きしたところ、上記の結果となりました。知っている日本の世界遺産で最も多い回答は「富士山」80.2%となり、次いで「古都京都の文化財」61.0%、「古都奈良の文化財」52.0%となりました。一方、行ってみたい日本の世界遺産では、「富士山」58.0%が最も多い回答となりました。次いで「古都京都の文化財」46.0%、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」31.0%と続いています。「琉球王国のグスク及び関連遺産群」は知っている日本の世界遺産でも第5 位となっており、中国から近い沖縄県は、知っていて且つ行ってみたい場所なのかもしれません。

Q4. あなたが行ってみたい日本の観光・レジャー施設をすべてお答えください。(複数回答)【n=100】

20170419_001
行ってみたい日本の観光・レジャー施設をお聞きしたところ、全体では「東京ディスニーランド・東京ディズニーシー」65.0%となりました。男女別で見てみると、女性の第 3 位に「沖縄美ら海水族館」32.6%が入っています。また男性の第 2 位に、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」と同率で「東京国立博物館」28.1%となっています。

Q5. あなたは、日本へ旅行する場合、どのような体験をしてみたいかお答えください。(複数回答)【n=100】

20170419_001
日本へ旅行する場合、どのような体験をしてみたいかお聞きしたところ、全体で最も多かった回答は「和食の料理体験」71.0%となりました。世帯別の年収で見てみると、15 万元-20 万元以下の方の第 1位は「茶道体験」66.7%でした。

Q6. あなたは、日本へ旅行する場合、買ってみたいお土産や利用してみたいサービスをお答えください。(複数回答)【n=100】

20170419_001
日本へ旅行する場合、買ってみたいお土産や利用してみたいサービスをお聞きしたところ、「買ってみたいお土産」では、全体で「化粧品」59.0%が最も多い回答となりました。男女別で見てみると、男性の最も多い回答は「カメラ・ビデオ」49.1%、女性の最も多い回答は「化粧品」79.1%となりました。一方「利用してみたいサービス」では、全体で最も多い回答は「飲食店」45.0%となりました。男女別では、男性の最も多い回答は「宿泊・ホテル」52.6%、女性の最も多い回答は「飲食店」51.2%となり、男女で分かれる結果となりました。

Q7. あなたは、日本旅行の際にお土産を買うとしたら、誰のためのお土産を買いたいかお答えください。(複数回答)【n=100】

20170419_001
日本旅行の際にお土産を買うとしたら、誰のためのお土産を買いたいかをお聞きしたところ、上記の結果となりました。男女別で見てみると、男性では「配偶者・恋人」84.2%・「親」70.2%・「自分」68.4%の順でした。一方女性は、「配偶者・恋人」83.7%、「自分」81.4%、「親」79.1%となりました。女性は、「親」よりも「自分」、そして「配偶者・恋人」と同じぐらい「自分」にお土産を買いたいと思っているようです。

Q8. あなたは、日本へ旅行する場合、どのようなところに泊まりたいと思うかお答えください。(複数回答)【n=100】

20170419_001
日本へ旅行する場合、どのようなところに泊まりたいと思うかをお聞きしたところ、全体では「日本文化を感じられる」64.0%が最も多い回答となりました。次いで「食事がおいしい」58.0%、「景観が良い」56.0%となりました。男女別で見てみると、男性では、「食事がおいしい」63.2%が最も多い回答となり、一方女性では「日本文化を感じられる」69.8%が最も多い回答となりました。また「温泉がある」「露天風呂がある」は男性の方の回答が多く、日本のお風呂を楽しみにしているようです。

Q9. あなたは、旅行前に旅行に関する情報をどこから得ているかお答えください。(複数回答)【n=100】

20170419_001
旅行前に旅行に関する情報をどこから得ているかをお聞きしたところ、全体では、「旅行代理店の Webサイト」61.0%が最も多い回答となりました。世帯年収別では、15 万元以下は「友人・知人から」46.4%、「旅行代理店のスタッフ」46.4%と、人から情報を得ている頻度が他よりも多いことが分かりました。

Q10. あなたは、日本へ旅行する場合、日本国内でどのような場所やものから情報を得たいかお答えください。(複数回答)【n=100】

20170419_001
日本へ旅行する場合、日本国内でどのような場所やものから情報を得たいかをお聞きしたところ、全体では「観光先のガイドブックや小冊子」56.0%が最も多い回答となりました。特に女性の約 7 割の方が「観光先のガイドブックや小冊子」で情報を得たいと思っているようです。次いで「旅行代理店の Web サイト」55.0%、「SNS やブログ」51.0%となっています。全体的に女性の方が日本国内で様々なものから情報を得たいと思っていることが分かりました。

Q11. あなたは、次の各商品・サービスそれぞれについて、中国製と日本製のどちらを買いたいと思いますか。(単数回答)【n=100】

20170419_001
■日本製が良いと回答した商品・サービス TOP5

■中国製が良いと回答した商品・サービス TOP5

次の各商品・サービスそれぞれについて、中国製と日本製のどちらを買いたいかをお聞きしたところ、上記のような結果となりました。日本製が良いと回答した商品は、「カメラ・ビデオ」84.0%が最も多く、次いで「家電製品」70.0%、「化粧品」68.0%となりました。一方中国製の方が良いと回答した商品は、「結婚式場」50.0%が最も多い回答となり、次いで「ファッション」36.0%となりました。ただ、5項目とも、日本製が良いと回答した方が 2 割以上いる事が分かりました。「家具・インテリア雑貨」は 31.0%と 3 割を超えており、中国国内でも様々な商品で日本製が受け入れられているのかもしれません。

ダウンロードリストに追加ダウンロード済
関連する独自調査レポート
リ・バウンドに関する調査 クールジャパンに関する調査
ネオマーケティングへのお問い合わせ

ご相談やお見積もり、資料請求はお電話かフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

03-6328-2881

お問い合わせフォーム