市場を把握するSTEP1

市場を把握する

STEP1 市場を把握する

市場を把握するためには

市場を構成する要素である顧客、自社、競合について情報を得る必要があります。
まず顧客については、どのようなライフスタイルなのか、どのような消費活動をしているか、
どのようなニーズを持っているかなどを把握することが顧客理解を深めることにつながります。
顧客理解を深めることで、顧客のニーズを踏まえた商品開発、コミュニケーション施策を行うことができます。
自社商品やブランドの認知購買状況、イメージ、満足度などを、競合との関係の中でつかんでおくことも市場を把握するためには有効です。
それらの情報を得ることで、新商品で見込める市場規模や獲得シェアを予測するための基礎固めができるでしょう。

顧客のニーズを把握したい

顧客がどのようなニーズを持っているか、調査を行います。既存商品に対する意見の詳細なヒアリングや顧客の行動観察を通して、仮説を立てるための調査をすることが可能です。顧客へのヒアリングを通して、アイデアとなる仮説を立案できます。

ライフスタイルを把握したい

どのような生活を送っているのか、どのような価値観を持っているのかを調査することが深い顧客理解につながります。インタビューでの詳細なヒアリングや、顧客の生活環境を観察することで、ライフスタイルが見えてきます。

購買行動・動機を把握したい

なぜ該当商品を購入したのか、その理由を把握することができます。
市場全体の状況を広く取得したければ定量調査で行うこともありますが、詳細に把握したい場合はインタビュー調査を活用します。

ブランドイメージを把握したい

自社ブランドについて、競合との比較の中で調査を行ないます。どのようなイメージを持っているか、どのような点が良いのか、悪いのか、など競合と比較することで、初めて市場での立ち位置が明確になります。競合比較を通して、ブランドのポジショニングマップを作成することも有効でしょう。

好感度・推奨度を把握したい

商品やブランドに対して、どの程度好感を持っているか、推奨する意欲があるのかを測ることで、顧客のロイヤリティを測ることが可能です。好感度や推奨度を上げる為にどうすればよいのか、という施策を練るためであれば、インタビュー調査で詳細に聞くことが望ましいでしょう。

認知・利用実態を把握したい

商品やブランドが市場の中でどの程度認知されて、利用されているのかを定量的に把握することで、市場全体のことが把握しやすくなります。今後の拡販施策を考えるうえでも、まず認知を上げるべきか、それともその後のフェーズで改善すべきか考える基礎資料になります。利用方法の詳細を聞く場合は、インタビュー調査が適当です。

利用意向を把握したい

今後の利用意向を把握することで、競合へスイッチングしてしまう可能性を調査することができます。利用意向が芳しくなければ、顧客へのヒアリングを通してその理由を調べ、改善に結び付けることが非常に重要になってきます。

顧客の満足度を把握したい

満足度を測ることによっても、商品へのロイヤリティを測ることができます。その理由についても詳細に把握したいところです。なぜ満足してくれているのか、なぜ不満なのかということを、顧客の情報と照らし合わせることで、次の施策につながります。 定量調査で好感度、利用購入実態とともに調査することもあります。

競合を調査したい

競合が行っているWeb施策について調査することも、独自の強みを押し出すため、また他社との競争に勝ち抜くためにも競合分析は非常に重要です。リサーチによる競合分析だけでなく、Webマーケティング施策においても、競合サイト、競合の広告戦略、集客状況を調査することで、他社に負けない効果的なWeb戦略を立てることができます。

Research List代表的なリサーチ一覧

ネオマーケティングはお客様の抱える課題や調査目的、その背景を充分にヒアリングした上で、
課題解決・目的達成のために、お客様が何を求めているのかということを常に考え一歩先のご提案をいたします。

ネットリサーチ

インターネットを使用し低コスト・スピーディーに調査することができる市場調査です。
アンケート結果を数値的に分析し、全体の傾向をつかむための定量調査です。

and more →

訪問観察調査

調査員が調査対象者の自宅を訪問してアンケートを実施する調査手法。
対象者と同じ環境に一定期間身を置くことで、人の行動からも情報を得られます。

and more →

デプスインタビュー

経験豊富な面接者とモニターの1対1の面談式でユーザー本音が聞けることなどが
主な特徴です。

and more →

グループインタビュー

座談会形式でインタビューを行い、定量調査では把握出来ない消費者の深層心理を知ることができます。

and more →

ネオマーケティングの特徴

ネオマーケティングはお客様の抱える課題や調査目的、その背景を充分にヒアリングした上で、
課題解決・目的達成のために、お客様が何を求めているのかということを
常に考え一歩先のご提案をいたします。

詳しくはこちら →

リサーチが初めての方へ

リサーチが初めての方はこちらをご覧ください。
マーケティングリサーチとは何か。
どのように進めていくのか。わかりやすく解説いたします。

詳しくはこちら →