CONTENTS調査レポート・データ

弊社が独自で調査した市場調査レポートやリサーチに役立つホワイトペーパーを紹介いたします。

その他

2016年11月09日

  • リリース
  • データ

全国の20歳以上の1000人に聞いた

香りに関する調査

他人の日用品・化粧品の香料が気になる62.1%。その理由は「苦手な香りだから」が62.6%と「好きな香りだから」を上回る結果に。香りが商品購入のきっかけとなった経験は48.6%と約半数

リリース・ローデータ・GT表を
ダウンロードリストに追加 →

総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回2016年10月27日(木)~2016年10月28日(金)の2日間、全国の20歳以上を対象に「香り」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

調査概要

調査の方法:株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施

調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、全国の20歳以上を対象に実施

有効回答数:1000名(20代、30代、30代、40代、50代、60代以上の男女:各100名)

調査実施日:2016年10月27日(木)~2016年10月28日(金)

「香りに関する調査」主な質問と回答と一部抜粋

◆他人がつけている日用品・化粧品の香料が気になった経験は?

合計62.1%が気になった経験あり。
性別で比較をすると、男性は計53.0%、女性は計71.2%と女性に経験が多い。

◆商品購入時、香りが購入の決め手となった経験は?

「よくある」と回答したのは全体では13.4%。
「よくある」、「たまにある」を合計した、ある計が最も高いのは
30代で58.5%、次いで高いのは40代で52.0%となった。

◆香りにこだわる理由は?

「香りに癒やされたいから」が全世代で第1位に。
30代からは年代が高くなるにつれ「身だしなみの1つだから」と回答した方が増えている。

リリース・ローデータ・GT表を
ダウンロードリストに追加 →
< 独自調査レポートに戻る