INVESTIGATION独自調査レポート
独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート
PRESS RELEASE
2015-12-09 水曜日
株式会社ネオマーケティング

オムニチャネルに関する調査

実店舗と、他の購入方法で2~3ヶ月に1回以上買い物をする全国の20歳~69歳の男女の300人に聞いた

「オムニチャネルに関する調査」

家電・AV機器は実店舗に行く前に商品情報をネットで確認39.7%。実店舗・ECサイト共にまた利用したいと思う要素は『品揃え』


総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なってお ります。今回2015年12月2日(水)~2015年12月3日(木)の2日間に、実店舗と、他の購入方法で2~3ヶ月に1回以上買い物をする全国の20歳~69歳の男女300人を対象に「オムニチャネル」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

調査背景

スマートフォンが普及した現在、買い物の方法も大きく変化しました。実店舗だけではなくPC用のECサイトやスマートフォン用のECサイト、個人間で売買を行なうことのできるC2Cアプリなど多くの販売方法が生まれました。それらのチャネル(流通経路)を問わず、あらゆる場所で顧客と接点をもとうとする考え方やその戦略をオムニチャネルといいます。オムニチャネルは全てのチャネルを連携させて顧客にアプローチをしなければなりませんが、顧客は購入対象商品やチャネルによりどのような意識の変化があるのでしょうか。そこで今回は、実店舗と、他の購入方法で2~3ヶ月に1回以上買い物をする全国の20歳~69歳の男女を対象に「実店舗で商品を購入する前に行っている行動」や「利用したいと思うECサイトの要素・特徴」など「オムニチャネル」に関する調査を行ないました。報道の一資料として、ぜひご活用ください。

調査概要

  1. 調査の方法:株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
  2. 調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、実店舗と、他の購入方法で2~3ヶ月に1回以上買い物をする全国の20歳~69歳の男女
  3. 有効回答数:300名(20代・30代・40代・50代・60代の男女:各30名)
  4. 調査実施日:2015年12月2日(水)~2015年12月3日(木)

「オムニチャネルに関する調査」 主な質問と回答

◆行動として当てはまるものは?

「家電・AV機器」は他の項目と比較し、実店舗に行く前に、ネットで
商品情報を確認したり、実店舗以外で購入をしたりという方が多いようだ。

◆実店舗で購入したいと思うものは?

全体で最も多い回答は「衣類」83.7%。男性は「衣類」が最も多く88.0%。女性は「食品」が最も多く83.3%が回答する結果に。

◆ECサイトの「利用を中止した」「利用中止を検討している」理由について、当てはまるものをお答えください。

20170419_001

Q1. あなたが以下の各方法を利用して買い物をする頻度についてお答えください。(単数回答)【n=300】

20170419_001
買い物の手段と頻度をお聞きしたところ、実店舗では「週に1回程度以上」と回答した方が71.3%となりましたが、他の購入方法で、「週に1回程度以上」と回答した方が多かったものはECサイト(PC用)となり、29.3%の方が回答しました。PC用のECサイトでは約3人に1人が1週間に1度以上買い物をするということになります。販売方法が実店舗のみという販売店は複数の販売チャネルを使って商品を販売する「マルチチャネル」化がまずは必要なのではないでしょうか。

Q2. 以下の各項目において、あなたの行動として当てはまるものをそれぞれすべてお答えください。(複数回答)【n=300】

20170419_001
「衣類」や「書籍」など各商品カテゴリにおいて実店舗に行く際に当てはまる行動をお聞きしたところ、「家電・AV機器」は他の項目と比較し、実店舗に行く前に、ネットで商品情報を確認したり、実店舗以外で購入をしたりという方が多いようです。店舗によって販売価格や品ぞろえが異なり、高価な買い物である「家電・AV機器」は実店舗に訪れる前から購入行動が始まっていて、消費者のオムニチャネル化が進んでいるのかもしれません。

Q3. あなたが、実店舗で購入したいと思うものをすべてお答えください。(複数回答)【n=300】

20170419_001
実店舗で購入したいものをお聞きしたところ、全体で最も多い回答は「衣類」となり83.7%の方が回答しました。性別で比較をすると、男性は「衣類」が最も多く88.0%が回答したのに対し、女性は「食品」が最も多く83.3%が回答する結果となっています。

Q4. 前問でお答え頂いたものを「実店舗で購入したい」と思った理由をお答えください。(自由回答)
【n=300】

20170419_001
実店舗で購入したい理由を商品カテゴリごとでお聞きしたところ、それぞれの商品の特性によって、実店舗で購入したい理由が異なる結果となりました。オムニチャネル対策を進めていくには商品カテゴリごとに店舗での強みと弱みを補い合うような施策が必要になっているのかもしれません。

Q5. あなたにとって、また利用したいと思う実店舗の要素・特徴をお答えください。(複数回答)【n=300】

20170419_001
実店舗でまた利用したいと思う理由は、どの年代でも「品揃えが豊富」となりましたが、30代のみ「自分の好みに合った商品が多い」も同率で1位となっています。第2位は20代は「接客が良い」、30代は「立地が良い」、40代から60代は「自分の好みに合った商品が多い」と年代によって違いの出る結果となりました。

Q6. あなたにとって、また利用したいと思うECサイトの要素・特徴をお答えください。(複数回答)【n=300】

20170419_001
次いで実店舗ではなく、ECサイトについて、また利用したいと思う理由をお聞きしました。どの年代でも「品揃えが豊富」が第1位となりました。しかし、第2位は年代によって異なる結果となっています。品揃えはもちろんのこと、販売しているもののターゲットにより、売り方も変えていかなければならないようです。また、品揃えの豊富さは実店舗、ECサイト共に重要視されていることが調査により明らかになりました。

Q7. あなたのECサイト利用経験についてお答えください。(単数回答)【n=300】

20170419_001
ECサイト利用経験についてお聞きしたところ、「利用を中止したことはない」と回答した方が最も多く76.3%の方が回答しました。一度利用をすると、長く利用してもらえるということなのかもしれません。また、年代で比較をすると、50代・60代では、「利用を中止したECサイトがある」と回答した方が2割となっています。20代も15.0%と30代・40代と比較し高い数値となりました。若年層、高年層が利用を中止しないようなサイト作りが必要なのではないでしょうか。

Q8. 「利用を中止した」「利用中止を検討している」とお答えの方にお聞きします。その理由について、当てはまるものをお答えください。(複数回答)【n=63】

20170419_001
ECサイトの利用を中止した、利用中止を検討しているという方に対し、その理由をお聞きしました。約半数が「使い勝手がよくない」と理由をあげており、次いで「決済方法が少ない」36.5%、「運営会社の信用度が低い」17.5%となりました。また、その他の意見としてはメールマガジンが多い、迷惑メールが来るようになったという理由が集まりました。

Q9. あなたの、ECサイトに対する不満点をお答えください。(複数回答)【n=286】

20170419_001
ECサイトを2~3ヶ月に1回程度以上利用する方に対し、ECサイトに対する不満点をお聞きしたところ、最も多い回答は「画像だけだと質感がわからない」となり、60.8%の方が回答しました。年代別に見ると、50代は「画像だけだと質感がわからない」が70.2%が回答する結果となっています。次いで多かった回答は「商品のサイズがわからない」54.5%となりました。商品の購入を検討する際に、実店舗で現物を確かめ、その店舗では商品は買わず、ECサイトで購入するショールーミングが購入のポイントとなるのかもしれません。

ダウンロードリストに追加ダウンロード済
関連する独自調査レポート
オンライン決済に関する調査 ECサイトに関する調査 フリマアプリとECサイトに関する調査
ネオマーケティングへのお問い合わせ

ご相談やお見積もり、資料請求はお電話かフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

03-6328-2881

お問い合わせフォーム